行ったり来たり東京市場、次のトレンドを聞く

日経平均2万円挟んだもみ合いいつまで、夏相場の見通しは

2017.07.18号

 東京株式市場では全体指数が上放れるかと思えば利益確定売りに押し戻され、下値リスクに身構えるような局面では、どこからともなく押し目買いが入り切り返す、といった方向感の定まらない展開が続いている。とはいえ、日経平均株価2万円台近辺でのもみ合いが永久に続くことはない。どこかでトレンドは上下どちらかに傾くことになる。経験豊かな市場関係者3人に、今後の相場を見る上での勘所と注目セクター(銘柄)について意見を聞いた。

【行ったり来たり東京市場、次のトレンドを聞く】相場観特集

  • 檜和田浩昭氏

    企業業績の好調さ反映し値固めからジリ高歩調に

    07月18日(火) 20時00分

     きょうの東京株式市場は、米長期金利の上昇一服により、外国為替市場で1ドル=112円水準まで円高・ドル安が進行し、輸出企業の採算悪化懸念が台頭した。さらに、複数メディアの世論調査で… [ 記事全文 ]

    東洋証券 マーケット支援部長 檜和田浩昭氏
  • 鈴木英之氏

    日米ともに好業績を評価する局面

    07月18日(火) 19時15分

     足もとの円高進行を警戒し、日経平均は2万円を前後する展開となっている。ただ、日経平均が2万230円の年初来高値をつけた6月20日の為替レートは1ドル=111円台だった。直近の為替は… [ 記事全文 ]

    SBI証券 投資調査部長 鈴木英之氏
  • 馬渕治好氏

    9月までに2万1500円まで上値伸ばす可能性あり

    07月18日(火) 18時30分

     東京株式市場はなかなか一本調子の上昇には至っていないが、基本的に目先強気の見通しは変わっていない。結論から先に言えば、今夏、9月初旬までに日経平均は2万1000円台を突破し… [ 記事全文 ]

    ブーケ・ド・フルーレット 代表 馬渕治好氏

相場観特集バックナンバー

“再々再度”の大台復帰、ニッポンの夏相場どこへ
(2017年07月10日)
都議選“自民大敗”、相場への影響は?
(2017年07月03日)
上昇、それとも…2万円固め後に待つものは
(2017年06月26日)
再浮上2万円、上値のフシ“突破”はあるか?
(2017年06月19日)
再びの2万円割れ、警戒と希望それぞれのワケ
(2017年06月12日)