市場ニュース

戻る

【特集】ピアラ Research Memo(7):当面は成長投資を優先するも、安定配当は継続していく方針。自己株式の取得も実施

ピアラ <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元策

ピアラ<7044>は株主還元の考え方について、今後の事業展開と財務体質強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としている。現時点では引き続き成長過程の段階にあるため、成長投資(M&Aや資本業務提携、人材投資等)を最優先とするものの、今後も業績や成長投資等を総合的に勘案しながら、安定した配当を実施していく方針としている。2020年12月期は普通配当3.0円に東京証券取引所第1部市場への昇格による記念配当2.0円を追加し5.0円としたが、2021年12月期は普通配当で5.0円を予定している。

また、自己株式の取得も実施しており、取得株数で25万株(発行済株式総数の約3.5%)、取得額3億円を上限に、2021年8月16日から2022年2月28日までの期間で取得していく。なお、同社は2022年4月に東証の市場区分が変更されるにあたって、「プライム市場」を選択する方針としている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《YM》

 提供:フィスコ

日経平均