市場ニュース

戻る

【特集】ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (7)有望株の選別はチャートがキモ!


「チャートは株価分析の要! キラリと光る値上がり銘柄を探そう」

横山利香(ファイナンシャルプランナー、テクニカルアナリスト)

◆チャートは使わなければ損、そのわけは?

 個人投資家のみなさん、こんにちは! 株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香です。

 前回の「有望銘柄の発掘は業績評価が決め手!」では有望銘柄を発掘するために、株探の決算速報から何を読み取り、どこを読めばいいのか、代表的な株価指標や決算発表の数字の考え方などを解説しました。個人投資家としては、たくさんある好業績銘柄の中から、できればタイミングよく大化けしそうな銘柄を探したいもの。そこで今回は、決算内容や株価指標を踏まえて、どの銘柄がこれから有望銘柄として値上がりするのかを分析する時に欠かせない、チャートの基本や活用の仕方について解説していきます。

 チャート分析やテクニカル分析と聞くと、「難しそう…」というイメージをお持ちの方が意外に多くいます。確かに、株価がチャート上にグラフ化されて表示されていても、何を表しているのかその内容を理解していなければ、「値上がりするのか、それとも値下がりするのか、さっぱりわからない」などということになります。「それならチャートの意味を理解してみよう」と調べてみると、テクニカル指標を算出するための計算式などにぶつかってしまい、挫折してしまう人も多くいることでしょう。

 しかし、前回ご説明したように、株価は実際の景気に先行して動く景気先行指数です。業績が今後良好そうだと判断されれば株は買われて値上がりし、反対に業績が今後低迷しそうだと判断されれば株価は値下がりしてしまいます。つまり、株価は一見、日々無意味に動いているように見えるかもしれませんが、企業に対する将来の評価を織り込みながら動いているのです。その株価の動きをわかりやすいように表示したものがチャートなのですから、株価を分析する時に使わないのは損だとさえ言えるでしょう。

 新規上場株(IPO)を除けば、株価は過去からの業績や値動きをもとに形成されてきています。そのため、有望銘柄を発掘するためには、決算に加えて、個別銘柄の株価をチャートで分析することが必要になってきます。株式市場がつけた現在の株価が、業績に対して過大に評価されていないか、もしくは過小に評価されていないか、そして、現在の株価からさらなる値上がりを見込むことができるのか、さらには動意づいた時にはどこまで業績を織り込みにいけるのか、をチャートで分析するのです。



<     >



株探ニュース

日経平均