市場ニュース

戻る

【材料】高砂熱が3日ぶり反発、首都圏大型再開発工事順調で19年3月期業績は計画上振れ

高砂熱 <日足> 「株探」多機能チャートより
 高砂熱学工業<1969>が3日ぶりに反発している。18日の取引終了後、集計中の19年3月期連結業績について、売上高が3000億円から3190億円(前の期比10.0%増)へ、営業利益が165億円から172億円(同5.1%増)へ、純利益が118億円から125億円(同5.9%増)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感されている。

 首都圏の大型再開発工事が順調に進捗したことに加え、工場やデータセンターなどの産業設備工事が増加したことが売上高・利益を押し上げたとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均