市場ニュース

戻る

【特集】「5G」関連がランキング1位、商用化秒読みで47兆円の経済効果に期待<注目テーマ>

NTTドコモ <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 5G
2 人工知能
3 セルフレジ
4 バイオテクノロジー関連
5 キャッシュレス決済
6 新紙幣
7 半導体製造装置
8 半導体
9 全固体電池
10 MaaS

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「5G 」が1位となっている。

 東京株式市場では引き続き5G関連銘柄に対する投資家の視線が熱い。スマートフォンの動画配信速度やクオリティを大きく向上させるだけではなく、IoT時代をインフラ面から支える重要な役割を担い、文字通り情報通信の礎となるのが次世代通信規格「5G 」だ。2020年には500億個の端末がネットに接続されるとも試算されているが、その際に高速・大容量でなおかつ多数同時接続、超低遅延といった高いハードルをクリアする5Gは、これまで4G環境ではできなかった多くのサービスを実現させる可能性を内包している。

 携帯通信事業者の業界団体GSMAによると、5G回線は世界ベースで25年頃に11億回線に達すると試算され、これは世界総人口の約3割をカバーする規模となる。世界各国もこの5G分野に前倒しで投資を行い競ってインフラ整備を進めている。米国や韓国の一部ではこの4月から5Gの商用サービスがスタートしているが、日本でも10日に全国でスマートフォンなどに使う5G関連の電波が、NTTドコモ<9437>、KDDI<9433>、ソフトバンク<9434>の通信メガキャリア3社と楽天<4755>傘下の楽天モバイルに割り当てられ、商用化に向けカウントダウンが始まった。

 5Gはその関連投資需要によって潤う銘柄だけでなく、普及によってビジネスチャンスが広がる銘柄にも光が当たりそうだ。総務省では日本国内での5Gの経済効果を46兆8000億円と試算しており、これは株式市場でも極めてインパクトが大きい投資テーマであることを数字的に裏付けている。

 関連銘柄としては、前出の通信メガキャリア3社やNEC<6701>や富士通<6702>など大手通信メーカーは当然ながら、マーケットでは通信計測器大手のアンリツ<6754>がシンボルストック的な位置づけにある。

 このほかシステム系やデバイス関連ではsantec<6777>、双信電機<6938>、アイレックス<6944>、アイ・エス・ビー<9702>、サイバーコム<3852>、日本アンテナ<6930>、原田工業<6904>、PALTEK<7587>、精工技研<6834>などの人気素地に火がつきやすい。ミライト・ホールディングス<1417>やコムシスホールディングス<1721>などの通信工事会社や古河電気工業<5801>やフジクラ<5803>などの光ファイバーメーカーも有力関連株だ。

 更に切り口を変えて、ストリーミング配信のJストリーム<4308>や3D技術でゲーム開発支援を行うシリコンスタジオ<3907>、遠隔操作のシステム開発で優位性を持つオプティム<3694>、警備関連ではセコム<9735>やALSOK<2331>など5G普及に伴い業容拡大に向けてチャンスを得る銘柄は多い。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均