市場ニュース

戻る

【材料】オプティム---ピンポイント農薬散布テクノロジーにて生産された「スマート米」、残留農薬「不検出」との検査結果を取得

オプティム <日足> 「株探」多機能チャートより

オプティム<3694>は8日、ドローン・AI・IoTを利用して「減農薬」を達成して、高付加価値がついた農作物の生産、流通、販売を行うプロジェクト、「スマートアグリフードプロジェクト」の成果として福岡県・大分県・佐賀県にてピンポイント農薬散布テクノロジーを用いて栽培された米である「スマート米」を、第三者検査機関により検査した結果、残留農薬が「不検出」である検査結果となったことを発表した。

同社によると、「スマート米」は、AIやドローンを使い、農薬使用量を抑えて育てられた、あんしん・安全なお米。今後も「スマートアグリフードプロジェクト」に参加する農家を幅広く募集していき、安心安全な農作物を作り出せるよう取り組んでいく考え。

《MH》

 提供:フィスコ

日経平均