市場ニュース

戻る
2018年04月20日12時22分

【特集】「5G」関連がランキング上位を維持、本格実用化が接近<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10
1 人工知能
2 全固体電池
3 不動産流動化
4 セルフレジ
5 RPA
6 レアアース
7 カジノ関連
8 5G
9 ブロックチェーン
10 TOPIXコア30

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「5G」関連が8位に上昇している。

 5Gは「5th Generation」の略語で、第4世代携帯電話(4G)もしくは4G LTE/LTE―Advancedの上位で高速化される次世代の移動体通信方式の第5世代移動通信システムを指す。

 移動体通信はおよそ10年ごとに新しいシステムが誕生しており、5Gは2010年頃から普及し始めた4G「LTE」の後継として研究開発が始まった。5Gの通信速度は毎秒10ギガ(ギガは10億)ビット超とLTEの1000倍の容量を持ち、無線区間の低遅延化や、センサーネットワークなどでの多数同時接続が可能となる。

 具体的には、「5G」は今よりも約10倍速い通信速度となる次世代通信方式で、消費者向けで5G対応スマートフォンが登場するのは19年中と見込まれ、22年には、スマートフォン全出荷台数の20%近くを5G対応端末が占め、25年には広く定着するものと見込まれる。

 個別の関連銘柄では、大手通信キヤリアのNTTドコモ<9437>、KDDI<9433>、ソフトバンクグループ<9984>。基地局工事のコムシスホールディングス<1721>、協和エクシオ<1951>、ミライト・ホールディングス<1417>。ベンダーの日立製作所<6501>、三菱電機<6503>、NEC<6701>。光ファイバー関連の古河電気工業<5801>、住友電気工業<5802>、フジクラ<5803>、昭和電線ホールディングス<5805>。

 通信関連の機器・部材ではデンカ<4061>、平河ヒューテック<5821>、OKI<6703>、電気興業<6706>、アンリツ<6754>、ヨコオ<6800>、アイレックス<6944>、京セラ<6971>、理経<8226>、村田製作所<6981>。

 ソフトウエア・システム構築関連では、インターネットイニシアティブ<3774>、ネクストジェン<3842>、サイバーコム<3852>、アルファシステムズ<4719>、伊藤忠テクノソリューションズ<4739>、構造計画研究所<4748>、アルチザネットワークス<6778>、ネットワンシステムズ<7518>などに注目。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年04月20日 12時28分

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均