市場ニュース

戻る

【市況】【↑】日経平均 大引け| 2万円突破・新高値、米株高・円安で買い加速 (9月19日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  20128.18
高値  20320.78(14:56)
安値  20122.00(09:00)
大引け 20299.38(前日比 +389.88 、 +1.96% )

売買高  20億4459万株 (東証1部概算)
売買代金 3兆1059億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は続急伸、一時400円高超で2万円突破し新高値
 2.東証1部時価総額は613兆円に膨らみ約2年ぶり過去最高を更新
 3.最高値街道を走るNYダウ、為替のドル高円安進行が追い風材料
 4.安倍首相による衆院・解散総選挙の表明も相場にポジティブ作用
 5.金融や自動車など主力大型株買われ、売買代金は3兆円上回る

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは63ドル高と7日続伸、終値ベースでの史上最高値を5日続けて更新した。北朝鮮リスクの後退が好感されたうえ、金利上昇により金融株が買われたことが指数を押し上げた。

 3連休明けの東京市場では、終始買い意欲旺盛で日経平均株価は一時400円を超える上昇をみせ年初来高値を更新、終値ベースで8月7日以来となる2万円大台を回復。

 19日の東京市場は、リスク選好の流れが一気に強まり、日経平均は大幅高、5月8日の450円高以来の上げ幅を記録した。前日の米国株市場でNYダウが7日続伸し最高値街道を走り、外国為替市場では米長期金利の上昇を背景にドル買いの動きが加速、1ドル=111円台後半まで円安が進んだことが追い風となった。出遅れた向きの実需買いに加え、空売り筋の買い戻しが上げ足を助長し時価総額の大きい主力株中心に踏み上げ相場の様相を呈した。10月に総選挙実施の観測が浮上したことも買い刺激となった。業種別には銀行、保険など金融株や自動車株などが買いを集め全体を押し上げている。東証1部の8割以上にあたる銘柄が上昇し、売買代金は3兆円を上回る活況ぶり。東証1部の時価総額は613兆円強に達し、約2年ぶりに過去ピークを更新した。

 個別では、任天堂<7974>が群を抜く売買代金をこなし大幅高。トヨタ自動車<7203>が急伸、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクも物色人気となった。東京エレクトロン<8035>、ファナック<6954>なども値を上げている。岡谷電機産業<6926>がストップ高、旭ダイヤモンド工業<6140>が値を飛ばし、JPホールディングス<2749>も大きく買われた。UACJ<5741>、さくらインターネット<3778>なども大幅に上昇した。
 半面、ニトリホールディングス<9843>が後場下げ渋るも大幅安。石川製作所<6208>、阿波製紙<3896>なども大きく利食われた。日本ライフライン<7575>が急落、モリテック スチール<5986>、江崎グリコ<2206>なども安い。宮地エンジニアリンググループ<3431>も売りに押された。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、ファナック <6954> 、ファストリ <9983> 、東エレク <8035> 、日東電 <6988> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約121円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄は旭硝子 <5201> 、クラレ <3405> 、ニチレイ <2871> 、塩野義 <4507> 、日製鋼 <5631> 。押し下げ効果は約1円。

 東証33業種のすべての業種が上昇。上昇率の大きかった上位5業種は(1)その他製品、(2)銀行業、(3)保険業、(4)海運業、(5)その他金融業。一方、上昇率の小さかった5業種は(1)水産・農林業、(2)空運業、(3)パルプ・紙、(4)食料品、(5)サービス業。

■個別材料株

△第一カッタ <1716> [JQ]
 東証2部に市場変更。
△コメ兵 <2780> [東証2]
 香港子会社が中国で会社設立。
△オープンH <3288>
 17年9月期営業利益予想を上方修正。
△T-BASE <3415>
 東証が貸借銘柄に選定。
△さくらネット <3778>
 上期経常を3.1倍上方修正。
△アバント <3836> [JQG]
 東証2部に市場変更。
△メディアS <4824> [東証M]
 全互協の資格管理システムに「マイクラス」が採用。
△日鋳造 <5609> [東証2]
 今期経常を43%上方修正。
△ファストロジ <6037>
 前期経常は49%増で上振れ着地・6期連続最高益。
△旭ダイヤ <6140>
 今期経常を一転9%増益に上方修正、配当も3円増額。

▼技研興 <9764> [東証2]
 東証が信用規制を強化。
▼ニトリHD <9843>
 「3-8月営業益が従来予想下回る」と報道。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)OKAYA <6926> 、(2)ヨシムラHD <2884> 、(3)旭ダイヤ <6140> 、(4)enish <3667> 、(5)双信電機 <6938> 、(6)ベルーナ <9997> 、(7)芦森工 <3526> 、(8)日シス技術 <4323> 、(9)JPHD <2749> 、(10)トーセ <4728> 。
 値下がり率上位10傑は(1)キムラタン <8107> 、(2)石川製 <6208> 、(3)日本ライフL <7575> 、(4)クレオス <8101> 、(5)ダイダン <1980> 、(6)ぴあ <4337> 、(7)シーイーシー <9692> 、(8)新晃工 <6458> 、(9)リログループ <8876> 、(10)ニトリHD <9843> 。

【大引け】

 日経平均は前日比389.88円(1.96%)高の2万0299.38円。TOPIXは前日比28.94(1.77%)高の1667.88。出来高は概算で20億4459万株。値上がり銘柄数は1679、値下がり銘柄数は279となった。日経ジャスダック平均は3536.92円(39.77円高)。

[2017年9月19日]

株探ニュース

日経平均