市場ニュース

戻る
2017年03月09日16時40分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 5日ぶり反発、円安で輸出株中心に押し目買い (3月9日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  19343.06
高値  19350.20(09:25)
安値  19262.98(11:10)
大引け 19318.58(前日比 +64.55 、 +0.34% )

売買高  15億9502万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆8791億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は5日ぶりに反発、押し目買いが優勢
 2.為替が1ドル=114円台半ばまで円安に振れたことを好感
 3.明日のメジャーSQと米雇用統計発表を前に買いも限定的
 4.円安好感で輸出株高もWTI先物の急落受け原油関連が安い
 5.売買代金は再び2兆円を下回る

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは69ドル安と3日続落。原油価格の急落でエネルギー株が売られたほか、不正会計報道を嫌気してキャタピラーが大幅安となったことも下押しした。

 東京市場では、朝方から買いが優勢となり日経平均株価は久々に切り返す展開。前場に伸び悩んだものの、後場に入ると再び買いが厚くなった。

 9日の東京市場は、押し目買いが優勢となった。前日の欧米株市場が高安まちまちの展開だったが、外国為替市場で1ドル=114円台半ばまでドル高・円安が進行、これを受けて自動車など輸出株に買いが先行した。米国ではADP全米雇用リポートで非農業部門の雇用者数が予想以上に増加したことで、米長期金利が上昇しドル買いを誘発した。一方、前日のWTI原油価格が急落したことで、資源開発や石油株などに売りが出た。明日10日にメジャーSQ算出を控え、日本時間の同日夜には米2月の雇用統計が発表されることから、積極的に持ち高を増やす動きは限られた前場に1兆円を割り込んでいた東証1部の売買代金は後場に入っても盛り上がりを欠き、活況の目安とされる2兆円を下回った。

 個別では、トヨタ自動車<7203>が堅調、ブリヂストン<5108>も買いが優勢だった。オリンパス<7733>が上昇。ヤマトホールディングス<9064>も高い。アルファ<3434>、タチエス<7239>が値を飛ばし、メガチップス<6875>が大幅高となった。神栄<3004>も物色人気に。SUMCO<3436>、ルネサスエレクトロニクス<6723>が買われ、ブレインパッド<3655>も上値を追った。
 半面、任天堂<7974>が利益確定売りに安くなり、ソフトバンクグループ<9984>も軟調。JR九州<9142>が大きく下落、セブン&アイ・ホールディングス<3382>も値を下げた。東芝<6502>が下値を探ったほか、オルトプラス<3672>は急落となった。エイチ・アイ・エス<9603>が売り込まれ、不二越<6474>などの下げも目を引いた。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄は東エレク <8035> 、ファストリ <9983> 、オリンパス <7733> 、スズキ <7269> 、アドテスト <6857> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約39円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、ファナック <6954> 、KDDI <9433> 、横河電 <6841> 、信越化 <4063> 。押し下げ効果は約24円。

 東証33業種のうち上昇は21業種。上昇率の上位5業種は(1)ゴム製品、(2)精密機器、(3)ガラス土石製品、(4)非鉄金属、(5)金属製品。一方、下落率の上位5業種は(1)鉱業、(2)鉄鋼、(3)電気・ガス業、(4)石油石炭製品、(5)倉庫運輸関連。

■個別材料株

△ブルボン <2208> [東証2]
 再生医療向け試薬事業に参入。
△安川情報 <2354> [東証2]
 来期業績回復にらみ見直し買い。
△エディオン <2730>
 今期配当を4円増額、自社株買いも発表。
△日東網 <3524>
 5-1月期(3Q累計)経常が3.7倍増益で着地。
△MDV <3902>
 「メディパル子会社と医療材料DBで協業」と報道。
△インソース <6200> [東証M]
 1部市場変更に向け立会外分売を実施。
△WASHハウス <6537> [東証M]
 「3月に山口、長崎両県に営業所を新設する」と報道。
△マブチ <6592>
 SMBC日興証が目標株価を引き上げ。
△TOREX <6616> [東証2]
 「来期営業利益3割増」と報道。
△三井ハイテク <6966>
 三菱UFJ証が投資判断を「買い」に新規設定。

▲ビ花壇 <3041> [東証2]
 子会社の取引先破産で債権取立不能のおそれ。
▲アズジェント <4288> [JQ]
 東証が信用規制。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)三井ハイテク <6966> 、(2)アルファCo <3434> 、(3)タチエス <7239> 、(4)島精機 <6222> 、(5)神栄 <3004> 、(6)ヤーマン <6630> 、(7)日東網 <3524> 、(8)新日無 <6911> 、(9)テイカ <4027> 、(10)電気興 <6706> 。

 値下がり率上位10傑は(1)オルトP <3672> 、(2)東芝 <6502> 、(3)バロック <3548> 、(4)ルック <8029> 、(5)小林産 <8077> 、(6)アイスタイル <3660> 、(7)JR九州 <9142> 、(8)ダイダン <1980> 、(9)ボルテージ <3639> 、(10)HIS <9603> 。

【大引け】

 日経平均は前日比64.55円(0.34%)高の1万9318.58円。TOPIXは前日比4.43(0.29%)高の1554.68。出来高は概算で15億9502万株。値上がり銘柄数は1216、値下がり銘柄数は625となった。日経ジャスダック平均は3064.02円(13.48円高)。

[2017年3月9日]

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均