市場ニュース

戻る
2017年03月09日10時49分

【経済】(中国)上海総合指数は0.21%安でスタート、商品市況安などが圧迫材料

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

9日の上海総合指数は売り先行。前日比0.21%安の3233.70ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、0.46%安の3225.76ptで推移している。原油など商品市況安が嫌気され、資源銘柄に売り圧力が高まっている。また、2月の消費者物価指数(CPI)上昇率(前年同月比)が0.8%にとどまり、市場予想の1.7%を下回ったことも、景気の回復遅れ懸念をやや高めた。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均