市場ニュース

戻る
2017年03月02日08時17分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 ステラケミ、伊藤園 (1日大引け後 発表分)

ステラケミ <日足> 「株探」多機能チャートより

 3月1日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。


 ステラケミ <4109>  ★今期経常を30%上方修正・10期ぶり最高益、配当も3円増額
 ◆17年3月期の連結経常利益を従来予想の29億円→37.6億円に29.9%上方修正。増益率が2.8倍→3.6倍に拡大し、10期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。リチウムイオン電池向け電解液を手掛ける電池部門の売上が需要好調で計画を上回ることが寄与。原料である無水フッ酸の価格下落で採算も改善する。また、下期以降の為替の円安でデリバティブ評価益が発生することも貢献する。業績上振れに伴い、今期の年間配当を従来計画の38円→41円(前期は40円)に増額修正した。

 伊藤園 <2593>  ★5-1月期(3Q累計)経常が51%増益で着地、対通期進捗率は90%を達成
 ◆17年4月期第3四半期累計(16年5月-17年1月)の連結経常利益は前年同期比51.4%増の175億円に拡大して着地。主力のリーフ・ドリンク関連事業で日本茶飲料や「タリーズ」ブランドのコーヒー飲料などが好調だったうえ、原価低減や販売促進費の管理強化などによるコスト抑制も寄与した。下期以降の為替の円安で為替差益が発生したことも利益を押し上げた。通期計画の195億円に対する進捗率は90.1%に達しており、業績上振れが期待される。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均