市場ニュース

戻る

【市況】【↑】日経平均 大引け| 大幅続伸、円安やトランプ演説に波乱なく買い優勢 (3月1日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  19226.94
高値  19414.55(14:31)
安値  19164.62(11:04)
大引け 19393.54(前日比 +274.55 、 +1.44% )

売買高  19億9364万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆3890億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅続伸、円安・トランプ演説に波乱なく買い優勢
 2.米連銀総裁に相次ぐ利上げ前向き発言でドル買い誘発
 3.トランプ米大統領の演説は波乱なく通過し後場に上昇加速
 4.売買代金は2兆4000億円弱をこなし、値上がり1400銘柄超
 5.ソフトバンクやメガバンクが買われ全体地合いを牽引

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは25ドル安と13日ぶり小反落。トランプ大統領の議会演説を控えて利益確定売りが優勢だった。

 東京市場では終始買い優勢、途中伸び悩む場面もあったが、後場はトランプ大統領の演説を受けて上げ幅を再び広げる展開となった。

 1日の東京市場は、前日の米国株市場でNYダウが13日ぶりに小反落したものの、外国為替市場で1ドル=113円台に入る円安に振れたことで、主力輸出株などを中心に買いが優勢となった。好調な米国経済を背景に、米フィラデルフィア連銀総裁やニューヨーク連銀総裁などが早期利上げに前向きな姿勢をみせていることから、米長期金利が上昇、為替市場ではドル買いの動きに反映されている。日本時間1日午前11時から1時間程度行われたトランプ米大統領の議会演説は、想定内の内容で物議を醸すような発言も控えられ、後場は安心感から買いの勢いが強まった。東証1部の売買代金は2兆3890億円と活況の目安とされる2兆円を6日連続で上回っている。

 個別では、ソフトバンクグループ<9984>が後場買いを集めたほか、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクも堅調。トヨタ自動車<7203>など自動車株も買われた。ソフトブレーン<4779>がストップ高に買われ、ヤマシンフィルタ<6240>、新田ゼラチン<4977>なども値を飛ばした。栗田工業<6370>が上昇したほか、タダノ<6395>、SUMCO<3436>なども高い。
 半面、任天堂<7974>が冴えず、ポーラ・オルビスホールディングス<4927>は大幅安。パーク24<4666>、エイチ・アイ・エス<9603>などの下げも目立つ。大垣共立銀行<8361>が売られ、三井松島産業<1518>、大王製紙<3880>も軟調。新日本電工<5563>も売りに押された。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、ファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、信越化 <4063> 、京セラ <6971> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約90円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はニコン <7731> 、三越伊勢丹 <3099> 、静岡銀行 <8355> 、日水 <1332> 、DOWA <5714> 。押し下げ効果は約2円。

 東証33業種のうち32業種が上昇し、下落はパルプ・紙のみ。上昇率の大きかった上位5業種は(1)機械、(2)保険業、(3)証券商品先物、(4)電気機器、(5)化学。一方、上昇率の小さかった5業種は(1)水産・農林業、(2)その他製品、(3)電気・ガス業、(4)その他金融業、(5)鉱業。

■個別材料株

△エムビーエス <1401> [東証M]
 1→10の株式分割を実施。
△モロゾフ <2217>
 前期経常を21%上方修正・配当も3円増額。
△メディアス <3154> [東証2]
 東証1部に指定替え。
△ジューテック <3157> [JQ]
 東証2部に市場変更。
△ウイルプラス <3538> [JQ]
 1→2の株式分割を実施。
△はてな <3930> [東証M]
 上期経常が51%増益で着地。
△カナミックN <3939> [東証M]
 「IoTサービス創出支援事業」の委託先候補に選定。
△三井金 <5706>
 SMBC日興証が投資判断を「強気」に新規設定。
△栗田工 <6370>
 400万株を上限とする自社株買いを発表。
△FJネクスト <8935>
 今期経常を一転21%増益・最高益に上方修正。

▲浅沼組 <1852>
 公募増資と売り出しを実施。
▲HIS <9603>
 17年10月期第1四半期営業は46%減益で着地。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ソフトブレン <4779> 、(2)ヤマシン―F <6240> 、(3)新田ゼラチン <4977> 、(4)スカラ <4845> 、(5)メディアドゥ <3678> 、(6)かどや製油 <2612> 、(7)FJネクスト <8935> 、(8)オルトP <3672> 、(9)モロゾフ <2217> 、(10)栗田工 <6370> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ポーラHD <4927> 、(2)浅沼組 <1852> 、(3)ランド <8918> 、(4)サクセスHD <6065> 、(5)GMOクラウ <3788> 、(6)パーク24 <4666> 、(7)石川製 <6208> 、(8)大垣共立 <8361> 、(9)AGS <3648> 、(10)トランザク <7818> 。

【大引け】

 日経平均は前日比274.55円(1.44%)高の1万9393.54円。TOPIXは前日比17.77(1.16%)高の1553.09。出来高は概算で19億9364万株。値上がり銘柄数は1426、値下がり銘柄数は456となった。日経ジャスダック平均は3004.44円(15.11円高)。

[2017年3月1日]

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均