市場ニュース

戻る

【特集】電算システム Research Memo(9):ゴーガ社の子会社化により“ONE Google”の完成し、事業拡大に期待

電算システム <日足> 「株探」多機能チャートより

■中長期経営計画と成長戦略

3. 成長戦略:クラウドビジネス分野
クラウドビジネス分野は、電算システム<3630>の事業セグメントとしては情報サービスセグメントに属するが、同社の重点施策である“ストックビジネスへの収益構造転換”の中核を担うため、特に区別して取り上げているものだ。

同社のクラウドビジネスの中核は、Google関連事業だ。この点で、2016年12月期は、(株)ゴーガ社を子会社化するという大きな進展があった(2016年10月)。ゴーガ社は2006年の設立だが当初からGoogleの地図開発パートナーとして認定され、グーグルマップの企業活用サービスの第一人者として各種位置情報サービスを開発してきた。実績としてはセブン&アイ・フードシステムズやNTTドコモ向けに位置情報を活用したSI・ソフトの開発などがある。

ゴーガ社が傘下に入ったことの最大のメリットは、“ONE Google”の体制が完成する点にあるというのが弊社の理解だ。グーグルが企業向けに手掛けるサービスは大きく7種類あるが、同社はこのうち6つを手掛けていた。ゴーガ社の傘下入りで、残る一つのサービスを提供でき、Google関連の企業向けサービスをフルラインナップ化できた。これにより、同社のGoogle関連事業の拡大に弾みがつくことが期待される。また、ゴーガ社にとっても電算システムの既存客に対するアプローチが可能になり、自身の業容拡大に繋げるチャンスといえる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均