市場ニュース

戻る
2017年02月24日09時41分

【材料】新田ゼラチンが大幅続伸、コラーゲンペプチドが脳機能の改善に効果

新田ゼラチン 【日足】
多機能チャートへ
新田ゼラチン 【日中足】
 新田ゼラチン <4977> が大幅続伸し、昨年来高値を更新した。23日、同社がコラーゲンペプチド摂取による脳機能改善効果を検証した結果、統計的有意に改善がみられたと発表したことが買い材料視された。

 コラーゲンペプチドは魚や牛、豚の皮に大量に含まれるコラーゲンを加水分解して低分子化し、体内で吸収しやすくした高純度のタンパク質。1日5gのコラーゲンペプチドの摂取が脳神経繊維の質を向上させ、脳の若返り効果に寄与する可能性が示された。今後はコラーゲンペプチド摂取が脳の情報伝達機能や記憶に与える働きを追究していく。

 発表を受けて、高齢化が進み学習機能の低下や認知症など脳機能の低下が社会問題となる中、コラーゲンペプチドの脳機能改善効果に期待する買いが向かった。

株探ニュース

日経平均