市場ニュース

戻る
2017年02月22日16時06分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民進党 :国有地払い下げで圧力があったのか解明していく


民進党は「笠浩史国対委員長代理は22日、記者会見を国会内で開き、大阪・豊中の国有地を森友学園に国が払い下げた問題について、圧力があったのか解明していくと追及姿勢を示しました」とツイート。(2/22)

報道によると、大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に評価額の14%の値段で売却された問題で、民進党の国会議員グループは現地を視察し、近畿財務局と大阪航空局の担当者から聴き取りを行った。民進党の玉木幹事長代理は「基本的な質問にも十分な答えがなかった」と述べた。聴き取りによると、評価額9億5600万円から差し引かれた、ごみの撤去費用8億円余りの積算根拠については、「極めて乏しい」との指摘があった。ごみなどの撤去作業を行った形跡はなく、撤去費用が利益供与になる疑いがある。

《MK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均