市場ニュース

戻る
2017年01月24日18時15分

【テク】日経平均テクニカル:目先は13週線辺りを試す可能性も


続落。売り先行で始まり、その後上昇に転じる場面もみられたが、5日線に上値を抑えられる格好となり、狭いレンジながらも連日で陰線を形成している。ボリンジャーバンドでは-2σを挟んでの推移。バンドが緩やかに下降しているため、これに沿ったじり安となると、ボトム形成が見極めづらくなる。一目均衡表では引き続き転換線に上値を抑えられているほか、遅行スパンは明確に実線を下回っており、シグナルは悪化傾向にある。雲上限に接近してきており、いったんは雲上限でのサポート機能を見極める場面がありそうだ。また、直近安値とのボトム形成のほか、18660円辺りに位置している13週線も、次第に意識されてくる可能性がある。価格帯別出来高では真空地帯であるため、下へのバイアスが強まりやすい需給状況でもあろう。
《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均