市場ニュース

戻る

【市況】【↓】日経平均 大引け| 続落、円高や米新政権への警戒で売り優先 (1月24日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  18817.42
高値  18915.70(10:38)
安値  18783.16(14:15)
大引け 18787.99(前日比 -103.04 、 -0.55% )

売買高  18億6688万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆2757億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は続落、欧米株安や円高で売り優勢
 2.途中、円高一服でプラス圏浮上も結局売り直される
 3.トランプ米大統領の保護主義的政策に警戒感も
 4.三菱UFJなど銀行株が売られ、地合い悪を助長
 5.決算発表本格化を前に好業績株には押し目買い

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは27ドル安と反落。トランプ新大統領の経済政策への警戒感から売りが優勢だった。

 東京市場では売り優勢の展開で、日経平均株価は前場にプラス圏に浮上する場面もあったが、結局売り直された。

 24日の東京市場は、前日の欧米株安に加えて、朝方は外国為替市場で1ドル=112円台半ばまでドル安・円高が進んだことで、これを嫌気する売りが全体を押し下げた。トランプ大統領の保護主義的な政策発動に対する警戒もくすぶっており、主力輸出株が買い手控えられる展開に。ただ、下値では日銀のETF買いに対する思惑や、これから本格化する企業の四半期決算発表を意識して、好業績銘柄の押し目を拾う動きも観測された。日経平均は、前場中ごろに円高の一服と歩調を合わせてプラス圏に浮上する場面もあった。後場は海外投資家とみられる先物への売りが足かせとなり再度水準を切り下げ、日経平均は結局、安値圏で着地する格好となった。

 個別では、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクが安く、トヨタ自動車<7203>も軟調。ファーストリテイリング<9983>が値を下げたほか、安川電機<6506>も売られた。東芝<6502>が利食われ、東芝機械<6104>、芝浦メカトロニクス<6590>も安い。関西電力<9503>が大幅安となり、ディー・エヌ・エー<2432>も下落した。
 半面、売買代金トップの大塚ホールディングス<4578>が上昇、ソフトバンクグループ<9984>も堅調。ブイ・テクノロジー<7717>が大幅続伸となったほか、キーエンス<6861>も値を飛ばした。このほか、ヤマシンフィルタ<6240>が急伸、TOWA<6315>、ワイエイシイ<6298>が大幅高となり、クリーク・アンド・リバー社<4763>も上値指向を強めている。サクサホールディングス<6675>も高い。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、日東電工 <6988> 、大塚HD <4578> 、アサヒ <2502> 、アルプス <6770> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約18円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、ホンダ <7267> 、トヨタ <7203> 、塩野義 <4507> 、東エレク <8035> 。押し下げ効果は約53円。うち約38円はファストリ1銘柄によるもの。

 東証33業種のうち上昇は5業種。上昇率の上位5業種は(1)海運業、(2)卸売業、(3)鉄鋼、(4)情報・通信業、(5)食料品。一方、下落率の上位5業種は(1)銀行業、(2)電気・ガス業、(3)保険業、(4)鉱業、(5)証券商品先物。

■個別材料株

△ソケッツ <3634> [東証M]
 LINE MUSICにレコメンドサービスを提供。
△リミックス <3825> [東証M]
 子会社が中国最大SNS「微博」の代理店企業と業務提携。
△JIGSAW <3914> [東証M]
 非開示だった前期経常は70%増で2期連続最高益更新。
△セグエG <3968> [JQ]
 1→2の株式分割を実施。
△第一化成 <4235> [JQ]
 19年12月期に営業利益32億円を目指す中計を評価。
△太陽HD <4626>
 今期経常を18%上方修正。
△アンドール <4640> [JQ]
 ハイブリッドCADシステム「CADSUPER 2017」を発売。
△アライドアキ <6081> [東証M]
 インサイト <2172> [札証A]と資本業務提携。
△ユニバーサル <6425> [JQ]
 今期経常を一転34%増益に上方修正。
△コスモスイニ <8844> [JQ]
 「ホテル事業に参入」と報道。

▲愛知鋼 <5482>
 17年3月期営業利益予想を下方修正。
▲三菱重 <7011>
 国産ジェット旅客機MRJの納入延期を正式発表。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ヤマシン―F <6240> 、(2)ヤーマン <6630> 、(3)TOWA <6315> 、(4)北の達人 <2930> 、(5)ワイエイシイ <6298> 、(6)サクサ <6675> 、(7)C&R <4763> 、(8)ヒトコム <3654> 、(9)トランザク <7818> 、(10)KOA <6999> 。

 値下がり率上位10傑は(1)エコナック <3521> 、(2)タカタ <7312> 、(3)東芝機 <6104> 、(4)関西電 <9503> 、(5)芝浦 <6590> 、(6)システムリサ <3771> 、(7)薬王堂 <3385> 、(8)りそなHD <8308> 、(9)大阪チタ <5726> 、(10)ゲンキー <2772> 。

【大引け】

 日経平均は前日比103.04円(0.55%)安の1万8787.99円。TOPIXは前日比8.30(0.55%)安の1506.33。出来高は概算で18億6688万株。値上がり銘柄数は802、値下がり銘柄数は1084となった。日経ジャスダック平均は2816.46円(10.10円高)。

[2017年1月24日]

株探ニュース

日経平均