市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、Gunosy、ベステラなどが売られる

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 19日大引けの東証マザーズ指数は前日比6.49ポイント安の965.33ポイントと反落。

 個別ではイノベーション<3970>、UMNファーマ<4585>が昨年来安値を更新。Gunosy<6047>、ベステラ<1433>、AMBITION<3300>、エニグモ<3665>、フリークアウト・ホールディングス<6094>は値下がり率上位に売られた。

 一方、サイバーステップ<3810>がストップ高。トライステージ<2178>、ヨシムラ・フード・ホールディングス<2884>、TOKYO BASE<3415>、インソース<6200>、マルマエ<6264>など7銘柄は昨年来高値を更新。グレイステクノロジー<6541>、シリコンスタジオ<3907>、フィル・カンパニー<3267>、セラク<6199>、ストライク<6196>は値上がり率上位に買われた。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均