市場ニュース

戻る
2016年12月02日17時02分

【市況】【↓】日経平均 大引け| 反落、米雇用統計や伊国民投票控え利益確定売りが優勢 (12月2日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  18435.55
高値  18469.68(09:27)
安値  18315.38(13:34)
大引け 18426.08(前日比 -87.04、 -0.47% )

売買高  28億3340万株 (東証1部概算)
売買代金 3兆0178億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は3日ぶり反落、利益確定売り優勢
 2.原油価格続伸も円高含みの為替が重荷
 3.米雇用統計とイタリア国民投票を前に様子見ムード
 4.メガバンクや証券株が買われ下値を支える
 5.外国人参戦で売買代金は3日連続で3兆円台乗せ

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは68ドル高と4日ぶりに最高値を更新した。原油先物相場や長期金利の上昇でエネルギー関連株や金融株が買われた。

 東京市場では、終始売りに押される展開。日経平均株価は一時200円近い下げで1万8300円近辺まで売られる場面があったが、その後は下げ渋った。

 2日の東京市場は、終始利益確定の売りに押される展開となった。原油市況はOPEC総会での減産合意後上昇基調が続いているものの、前日の欧州株市場が総じて軟調だったほか、米国株市場でも主要指数が高安まちまちで買いの手掛かり材料とはならず、円高含みに推移する為替相場を横目に軟調展開を強いられた。日本時間今晩発表の米11月の雇用統計や、4日のイタリアの憲法改正を問う国民投票の結果などを見極めたいとの思惑が上値を押さえた。一方、押し目に買い向かう動きも観測され、金融株への海外資金の流入などが下値を支えた。日経平均は後場後半に下げ渋った。東証1部の売買代金は3日連続で3兆円台を維持している。

 個別では、SMC<6273>が急落、米アップル社のiPhone発注削減の話が嫌気され村田製作所<6981>、アルプス電気<6770>も売られた。SCREENホールディングス<7735>も下落した。任天堂<7974>も売りに押される展開。日立ハイテクノロジーズ<8036>、ディー・エヌ・エー<2432>などの下げも目立つ。
 半面、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>が断トツの売買代金をこなし大幅高となったのを筆頭にメガバンクの物色人気が際立つ。野村ホールディングス<8604>も商いを伴い急伸。安永<7271>が連日のストップ高で買い物を残し、日本アジア投資<8518>も値幅制限いっぱいに買われた。低位では神栄<3004>が急伸、クラリオン<6796>、オーイズミ<6428>なども値を飛ばした。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、TDK <6762> 、クレセゾン <8253> 、京セラ <6971> 、三菱UFJ <8306> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約17円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄は東エレク <8035> 、KDDI <9433> 、セブン&アイ <3382> 、アドテスト <6857> 、アルプス <6770> 。押し下げ効果は約41円。

 東証33業種のうち上昇は14業種。上昇率の上位5業種は(1)銀行業、(2)証券商品先物、(3)海運業、(4)パルプ・紙、(5)保険業。一方、下落率の上位5業種は(1)食料品、(2)その他製品、(3)ゴム製品、(4)金属製品、(5)機械。

■個別材料株

△神栄 <3004>
 宇宙関連として関心高まる。
△テックファム <3625> [JQG]
 「カジノ法案が今日採決へ」と報道。
△オンコリス <4588> [東証M]
 中国企業とのライセンス契約を引き続き材料視。
△イトヨーギョ <5287> [東証2]
 「無電柱化法案が今国会成立へ」と報道。
△KeePer <6036>
 11月の既存店売上高が13.9%増。
△HMT <6090> [東証M]
 5日のNHK「あさいち」に登場予定。
△クラリオン <6796>
 三菱UFJ証が目標株価を「370円→480円」に引き上げ。
△アルパイン <6816>
 三菱UFJ証が目標株価を「1200円→1300円」に引き上げ。
△アジア投資 <8518>
 投資先のアクセスブライトが中国で「君の名は。」の上映開始。
△スクエニHD <9684>
 「FF15」の発売初日の販売本数が500万本を突破。

▲ディーエヌエ <2432>
 新たに8情報サイトを休止。
▲ピープル <7865> [JQ]
 非開示だった今期経常は11%減益。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)安永 <7271> 、(2)神栄 <3004> 、(3)アジア投資 <8518> 、(4)クラリオン <6796> 、(5)光世 <8617> 、(6)富士石油 <5017> 、(7)ヤーマン <6630> 、(8)オーイズミ <6428> 、(9)信越ポリ <7970> 、(10)ヤマシン―F <6240> 。

 値下がり率上位10傑は(1)アデランス <8170> 、(2)トヨカネツ <6369> 、(3)日立ハイテク <8036> 、(4)SMC <6273> 、(5)日本ペHD <4612> 、(6)ディーエヌエ <2432> 、(7)大倉工 <4221> 、(8)コニシ <4956> 、(9)福井コン <9790> 、(10)エムスリー <2413> 。


【大引け】

 日経平均は前日比87.04円(0.47%)安の1万8426.08円。TOPIXは前日比5.29(0.36%)安の1477.98。出来高は概算で28億3340万株。値上がり銘柄数は700、値下がり銘柄数は1172となった。日経ジャスダック平均は2658.20円(10.24円安)。

[2016年12月2日]

株探ニュース

日経平均