市場ニュース

戻る
2016年12月01日07時33分

【材料】前日に動いた銘柄 part1:日本エスコン、アコーディア、安永、タカタなど

A&AM <日足> 「株探」多機能チャートより

銘柄名<コード>⇒11月30日終値⇒前日比


A&AM<5391> 138 +9
太平洋セメントの強い動きなども支援に。

シンフォニア<6507> 244 +12
国内中堅証券が買い推奨観測と。

大豊建設<1822> 574 +28
中堅建設株には循環物色の流れも強まる。

アルテック<9972> 231 +11
もみ合い上放れに追随買いも。

戸田建設<1860> 641 +29
建設株高の中で買い戻し優勢にも。

関東電化<4047> 950 +43
リチウムイオン電池関連として人気継続。

アイスタイル<3660> 746 -32
リバウンド一巡感で戻り売りが優勢の格好に。

ダイワボウ<3107> 301 -12
インフルエンザ関連として29日まで上昇の反動。

イマジカロボ<6879> 647 -24
29日人気化の反動で戻り売り優勢に。

石油資源<1662> 2327 -79
原油市況の下落をマイナス視。

住友鉱山<5713> 1528 -51.5
中国の取引抑制策などが影響へ。

日本エスコン<8892> 374 +39
29日に発表した新たな配当政策が買い材料視される。

アコーディア<2131> 1199 +164
MBKパートナーズが実施するTOB価格にさや寄せ。

ヤマシンフィルタ<6240> 1000 +117
直近高値を更新で買戻しが優勢か。

安永<7271> 2100 +323
リチウム電池部材の新製法開発以降は上値追い続く。

サノヤスHLDG<7022> 296 +14
特に新規材料観測されないがカジノ関連としてはやす向きも。

アダストリア<2685> 3230 +170
JPモルガン証券では買い推奨に格上げへ。

古河電池<6937> 809 +42
もみ合い上放れで10月高値更新と追随買い。

日東精工<5957> 429 +22
自己株式の取得実施を発表で。

フォスター<6794> 2108 +118
2000円レベルは節目として意識も。

浅沼組<1852> 341 +21
業績上振れ期待の高い建設株として上値追い継続。

ホクシン<7897> 203 +10
一段の業績上振れ期待からリバウンド色強まる。

中国電力<9504> 1302 +39
想定外の自社株買い発表を材料視へ。

日成ビルド<1916> 538 +19
説明会受け三菱UFJモルガン・スタンレー証券ではレポートをリリース。

トーヨーカネツ<6369> 354 +15
トランプ関連として上値追いが継続。

イチケン<1847> 434 +16
カジノ関連の位置づけのほか業績上振れ期待も高く。

銭高組<1811> 426 +25
好業績の中小型建設株として29日から人気化続く。

UACJ<5741> 330 -20
大型投資によるバランスシート懸念が先行へ。

タカタ<7312> 580 -47
目立った材料なく利食い売りなど需給面影響か。

イーレックス<9517> 2932 -138
阪和興業の保有比率低下が伝わる。

ラクーン<3031> 480 -27
29日に発表した決算にはインパクト限定的で。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均