市場ニュース

戻る
2016年09月09日11時52分

【市況】東京株式(前引け)=小幅続落、手掛かり難で売りに押される

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 9日前引けの日経平均株価は前日比32円52銭安の1万6926円25銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は10億2125万株、売買代金概算は1兆3020億9000万円。値上がり銘柄数は692、対して値下がり銘柄数は1107、変わらずは175銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、朝方は売り買い交錯も日経平均はプラスでスタートした。円安傾向の為替相場や原油市況の上昇を背景にリスクをとるムードが優勢で、1万7000円台を回復する瞬間もあったが、それも束の間、戻り売り圧力に抗えず、程なくしてマイナス圏に沈んだ。引き続き買い手掛かり材料に事欠くなか、北朝鮮での核実験報道に伴い地政学リスクが意識され、ドル円相場が1ドル=102円近辺まで円が強含んだことなどもマイナスに作用した。ただ、日銀のETF買いに対する思惑を背景に下値を売り込む動きもみられない。売買代金はメジャーSQ(株価指数先物・オプション9月物の特別清算指数)算出に絡み、通常よりも膨らみ1兆3000億円を上回った。

 個別では、任天堂<7974>が大商いも前日急伸の反動で利益確定売りに押された。同様にディー・エヌ・エー<2432>も売りが優勢。ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>が安く、東京エレクトロン<8035>も軟調。ラウンドワン<4680>、ツクイ<2398>などが大きく売られた。半面、京セラ<6971>が堅調、コマツ<6301>も買いが先行している。JPホールディングス<2749>が大幅高となったほか、昭和電工<4004>、ダブル・スコープ<6619>なども物色人気に。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均