市場ニュース

戻る
2016年09月06日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 ティーライフ、学情 (5日大引け後 発表分)

ティーライフ <日足> 「株探」多機能チャートより
 5日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 ティーライフ <3172> [東証2]  ★今期経常は42%増で10期ぶり最高益、2円増配へ
 ◆16年7月期の連結経常利益は前の期比22.9%増の4.4億円に伸び、続く17年7月期も前期比41.7%増の6.3億円に拡大し、10期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。前期は「メタボメ茶」など健康茶の販売が伸びたうえ、新規顧客や定期会員が増えたことが寄与した。今期は「麹・茶・乳酸菌」を組み合わせたサプリメントなど新製品に加え、国内外でインターネット通販に注力し、6.5%の増収を見込む。業績好調に伴い、今期の年間配当は前期比2円増の30円に増配する方針を示した。
  予想PERが8.3倍に低下する一方、予想配当利回りが3.16%に上昇し、割安感が強まった。

 学情 <2301>  ★11-7月期経常が46%増益で着地、対通期計画で86%進捗
 ◆16年10月期第3四半期累計(15年11月-16年7月)の経常利益(非連結)は前年同期比45.9%増の12億円に拡大して着地。合同企業説明会「就職博」の売上が拡大したほか、朝日新聞社と共同運営する新卒向けサイト「あさがくナビ」も大きく伸びたことが寄与。通期計画の14億円に対する進捗率が86.2%に達しており、通期業績の上振れが期待される。

株探ニュース

日経平均