市場ニュース

戻る
2016年09月02日17時32分

【市況】【↓】日経平均 大引け| 小反落、米雇用統計の発表控え様子見ムード (9月2日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16903.78
高値  16946.49(10:25)
安値  16848.12(13:13)
大引け 16925.68(前日比 -1.16 、 -0.01% )

売買高  16億4463万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆8673億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は3日ぶり小反落、終始狭いレンジで推移
 2.今晩の米国8月雇用統計発表控え様子見ムード
 3.原油市況続落も、為替の円安が下支え
 4.売買代金は連日の2兆円割れと盛り上がらず
 5.輸出株が売られる一方、インバウンド関連株の買い戻し目立つ

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは18ドル高と3日ぶりに反発。軟調なISM製造業指数や原油安で一時売り優勢だったものの、発表を控えた雇用統計への思惑もあって買い戻された。

 東京市場では、売り買いともに低調で方向感の定まらない展開となった。日経平均もボラティリティが高まらず、結局、わずかに前日終値を下回って引けた

 2日の東京市場は、日本時間今晩に予定される米国の8月雇用統計発表を控え様子見ムードの強い展開となった。前日の原油安が重荷となったほか、日経平均は今週に入り前日まで約3.5%の上昇をみせていたこともあって利益確定の売りを誘発しやすい場面にあった。ただ、下値では押し目買いが入り底堅い値動きに。前後場を通じて1万6800円台半ばから1万6900円台前半までの狭いレンジでの往来となった。後場後半には為替がドル高・円安方向に振れたのを横目に、全般相場も下げ渋る動きをみせたが、戻しきれずに大引けはわずかにマイナス圏で着地した。売買代金は活況の目安とされる2兆円を前日に続き下回っている。

 個別では、任天堂<7974>が大商いで上昇、ソニー<6758>も堅調。荏原<6361>が買われ、第一生命保険<8750>も高い。同業の株式取得で注目された関西スーパーマーケット<9919>がストップ高となった。このほかJ.フロント リテイリング<3086>、東京ドーム<9681>、サンドラッグ<9989>など内需の消費関連への買いが目立った。
 半面、村田製作所<6981>、アルプス電気<6770>など電子部品株が、米アップルによる値下げ要請報道を受けて下落した。TOWA<6315>、フュージョンパートナー<4845>が大幅安、サイバネットシステム<4312>、トプコン<7732>も値を下げた。GMOインターネット<9449>、クリーク・アンド・リバー社<4763>も安い。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はKDDI <9433> 、アステラス <4503> 、中外薬 <4519> 、エーザイ <4523> 、花王 <4452> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約27円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、ユニファミマ <8028> 、TDK <6762> 、アルプス <6770> 、ファナック <6954> 。押し下げ効果は約30円。

 東証33業種のうち上昇は19業種。上昇率の上位5業種は(1)保険業、(2)電気・ガス業、(3)証券商品先物、(4)石油石炭製品、(5)その他金融業。一方、下落率の上位5業種は(1)精密機器、(2)ガラス土石製品、(3)パルプ・紙、(4)金属製品、(5)鉱業。

■個別材料株

△ノバレーゼ <2128>
 ポラリス・キャピタル・グループが1株1944円でTOB。
△ベクター <2656> [JQ]
 新作ブラウザゲーム「リグレティア」を今秋にもリリース。
△マツキヨHD <3088>
 大和証が新規に「1」でカバレッジ開始。
△RSテクノ <3445> [東証M]
 9日付で東証1部へ市場変更。
△エムアップ <3661>
 株主優待制度を新設。
△アエリア <3758> [JQ]
 「スターリーガールズ」の事前登録者数1万人突破。
△アクロディア <3823> [東証M]
 「ジャイアントハンマー」の中国向けでライセンス契約。
△荏原 <6361>
 三菱UFJ証が目標株価を「670円→680円」に引き上げ。
△東京ドーム <9681>
 「2-7月期、一転営業増益」と報道。
△関西スーパ <9919>
 オーケーが5.6%の株式を取得。


▲シライ電子 <6658> [JQ]
 東証が信用規制。
▲アルチザ <6778> [東証2]
 前期経常が下振れ着地・今期は41%減益。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)関西スーパ <9919> 、(2)ノバレーゼ <2128> 、(3)CEHD <4320> 、(4)ネクシィーズ <4346> 、(5)虹技 <5603> 、(6)エムアップ <3661> 、(7)アーク <7873> 、(8)ファインデ <3649> 、(9)ランド <8918> 、(10)クスリアオキ <3398> 。

 値下がり率上位10傑は(1)キムラタン <8107> 、(2)ショーワ <7274> 、(3)TOWA <6315> 、(4)フュージョン <4845> 、(5)内田洋 <8057> 、(6)GMO <9449> 、(7)メタウォータ <9551> 、(8)東京機 <6335> 、(9)ワイエイシイ <6298> 、(10)富士紡HD <3104> 。


【大引け】

 日経平均は前日比1.16円(0.01%)安の1万6925.68円。TOPIXは前日比3.38(0.25%)高の1340.76。出来高は概算で16億4463万株。値上がり銘柄数は854、値下がり銘柄数は945となった。日経ジャスダック平均は2470.18円(0.48円高)。

[2016年9月2日]

株探ニュース

日経平均