市場ニュース

戻る
2016年09月01日16時57分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 小幅続伸、円安が下支えも原油安が重し (9月1日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16885.16
高値  16941.18(12:46)
安値  16864.56(09:11)
大引け 16926.84(前日比 +39.44 、 +0.23% )

売買高  18億4374万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆9541億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は小幅続伸も、上値に重く1万7000円に届かず
 2.米雇用統計前で終始狭いレンジでの推移
 3.原油安が重荷も、1ドル=103円台の為替が下支え
 4.銀行セクター堅調、特に地銀株への買いが目立つ
 5.売買代金は再び2兆円割れ

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは53ドル安と続落。原油先物価格の続落やADP雇用統計が予想を上振れたことで追加利上げが意識され、売りが優勢となった。

 東京市場では、買いが優勢となり日経平均株価は続伸となったが、上値も重く1万7000円台回復はおあずけとなった。売買代金も2兆円に届かなかった。

 1日の東京市場は、売り買いが拮抗し狭いレンジでの推移となったが、総じて買いが優勢の展開だった。朝方は小安く始まったものの下値は堅く、その後はすぐにプラス圏に浮上して売り物を吸収した。ただ、あすの米国の8月の雇用統計発表を前に、この結果を見極めたいとの思惑から積極的に上値を買う動きはみられず、1万6900円台では戻り売りに押された。WTI原油価格が大きく値を下げたこどで資源関連株に売りが出たが、全体への影響は軽微で、為替が1ドル=103円台前半で推移したことなどから、輸出関連株などが強い動きをみせた。また、銀行や医薬品など内需株が買われ全体相場を支えた。

 個別では、世界的な銀行株買い戻しの動きに乗って三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクが堅調。村田製作所<6981>、任天堂<7974>も高い。セブン&アイ・ホールディングス<3382>も買いが優勢だった。三菱重などとの提携協議開始を材料に名村造船所<7014>が連日の急騰となったほか、クラリオン<6796>が大幅高、パイオニア<6773>も物色人気に。このほか百十四銀行<8386>など地銀株に買いを集めるものが目立った。
 半面、ファナック<6954>が軟調、TDK<6762>も値を下げた。トクヤマ<4043>が売られ、ローツェ<6323>、レーザーテック<6920>なども大きく利食われた。ミスミグループ本社<9962>、ラウンドワン<4680>が安く、富士通ゼネラル<6755>、DIC<4631>なども値を下げた。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、KDDI <9433> 、エーザイ <4523> 、セブン&アイ <3382> 、アステラス <4503> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約38円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、信越化 <4063> 、TDK <6762> 、テルモ <4543> 。押し下げ効果は約37円。

 東証33業種のうち上昇は25業種。上昇率の上位5業種は(1)その他製品、(2)銀行業、(3)水産・農林業、(4)医薬品、(5)その他金融業。一方、下落率の上位5業種は(1)鉱業、(2)保険業、(3)ガラス土石製品、(4)石油石炭製品、(5)空運業。

■個別材料株

△鳥貴族 <3193>
 前期最高益予想を47%上乗せ。
△リスモン <3768> [JQ]
 東証2部に市場変更。
△田中化研 <4080> [JQ]
 住友化に第三者割当増資。連結子会社へ。
△リボミック <4591> [東証M]
 抗MKアプタマーに関する物質特許を取得。
△ヘリオス <4593> [東証M]
 脳梗塞を対象とする体性幹細胞再生医薬品の臨床試験実施。
△Dガレージ <4819> [JQ]
 いちよし経研が投資判断を「B→A」に引き上げ。
△岡本工 <6125> [東証2]
 科学技術振興機構の「研究成果最適展開支援プログラム」に採択。
△アストマクス <7162> [JQ]
 17年3月期から3期にわたり特別配当を実施。
△西松屋チェ <7545>
 今期経常を13%上方修正。
△フルヤ金属 <7826> [JQ]
 「貴金属の高純度粉末量産技術を確立」と報道。


▲国際石開帝石 <1605>
 原油市況の急落を嫌気。
▲パレモ <2778> [JQ]
 ファンドによるTOB価格100円を意識。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)サノヤスHD <7022> 、(2)名村造 <7014> 、(3)クラリオン <6796> 、(4)富士製薬 <4554> 、(5)C&R <4763> 、(6)持田薬 <4534> 、(7)武蔵精密 <7220> 、(8)ゼンリン <9474> 、(9)DLE <3686> 、(10)百十四 <8386> 。

 値下がり率上位10傑は(1)トクヤマ <4043> 、(2)Nフィールド <6077> 、(3)ローツェ <6323> 、(4)Bガレージ <3180> 、(5)日曹達 <4041> 、(6)Vテク <7717> 、(7)日製鋼 <5631> 、(8)ランド <8918> 、(9)ダイヘン <6622> 、(10)ミスミG <9962> 。


【大引け】

 日経平均は前日比39.44円(0.23%)高の1万6926.84円。TOPIXは前日比7.84(0.59%)高の1337.38。出来高は概算で18億4374万株。値上がり銘柄数は1182、値下がり銘柄数は656となった。日経ジャスダック平均は2469.70円(2.69円高)。

[2016年9月1日]

株探ニュース

日経平均