市場ニュース

戻る
2016年09月01日10時48分

【経済】(中国)上海総合指数は0.05%安でスタート、製造業PMI上振れで金融緩和期待が後退

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

1日の上海総合指数は売り先行。前日比0.05%安の3083.96ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時43分現在、0.03%安の3084.51ptで推移している。8月の製造業購買担当者指数(PMI、政府版)は50.4、予想を大幅に上回ったことを受け、追加の金融緩和に対する期待がやや後退している。一方、景気の底打ち観測や、主要20カ国・地域首脳会議(G20)が中国の杭州市で9月4-5日に開催されるため、それまでは当局が相場を安定させるとの期待が指数をサポートしている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均