市場ニュース

戻る
2016年08月30日18時00分

【市況】矢口 新のマーケット羅針盤 「金融緩和の袋小路に迷い込んだEU (3) ―前編―」


●英6月以降の経済指標

 ブレグジット決定が英国経済に与えた影響はどうだったのか? 私が毎日「生き残りディーリング塾」で提供している情報の中から、英国経済に関する指標で6月以降(第2四半期を含む)の数値を扱ったものを、以下に発表順に提供する。7、8月に発表されたものでも、5月以前のものは取り上げない。

 経済指標には、成長率やインフレ率など実際の経済活動の数値を扱ったものと、信頼感指数のように消費者や企業のセンチメントやマインドを扱ったものと、大きく分けて2種類ある。そこで、前者をF、後者をSと表示した。

 私は日々目につく限り、できるだけ多くの国々のこうした数値や、金融、商品市場に関するデータ、他の興味深い話題などを提供している。自立した投資家を育てたいとする「塾」で、必ずしも収益には直結しないこうした細かな数値を提供しているのは、的外れではない小さなことの積み重ねが、大きな勝利に繋がると信じているからだ。

 もともとは投資運用に役立てるために追いかけていた情報だが、30年以上も続けているので、「消費増税と日本経済縮小の相関関係」、「サブプライムショックとリーマンショック」、「ユーロの構造的欠陥について」などの見方にもつながっている。

 以下が英6月以降の経済指標だ。なお、前月比、前年比とあるものは、前月比をざっと12倍し、前年比と比較して、加速か減速かの参考にして頂きたい。

F:英6月のライトムーブ住宅価格は前月比+0.8%、前年比+5.5%だった。

S:英6月のCBI企業動向調査は-2だった。5月の-8から改善した。

*:ブレグジット決定

S:S&Pは英国の長期ソブリン格付けをAAAからAAに2段階引き下げた。見通しは「ネガティブ」。

S:フィッチは英国の長期ソブリン格付けをAA+からAAに1段階引き下げた。見通しは「ネガティブ」。

S:ムーディーズは英国の長期ソブリン格付けAa1を維持、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。

F:英6月のネーションワイド住宅価格は前月比+0.2%、前年比+5.1%だった。

S:英6月のGFK消費者信頼感調査は-1だった。5月と同水準だった。

S:英6月の製造業PMIは52.1だった。5月の修正値50.4から上昇した。

S:英6月の建設業PMIは46.0だった。5月の51.2から急低下、7年ぶりの低水準となった。

S:英6月の非製造業PMIは52.3だった。5月の53.5から低下した。

F:英6月のBRC店頭価格指数は前年比-2.0%だった。5月の-1.8%からマイナス幅が拡大した。

F:英6月のハリファックス住宅価格指数は前月比+1.3%、前年比+8.4%だった。

F:英7月7日実施の10年債入札は、応札倍率が2.33倍と2013年1月以来の高倍率となった。5月の入札は1.79倍だった。平均落札利回りは0.912%と、2ヵ月前の入札時の1.656%から大幅に低下した。発行額は22億5000万ポンド、表面利率は1.5%。

F:英6月のBRC小売既存店売上高は前年比0.5%減だった。5月の0.5%増から悪化した。

S:英6月のRICS住宅価格は+16だった。5月の+19から低下した。

F:英6月の消費者物価指数は前月比+0.2%、前年比+0.5%だった。コア指数は前年比+1.4%と、5月の+1.2%から加速した。

F:英6月の小売物価指数は前月比+0.4%、前年比+1.6%だった。生産者物価指数は前月比+0.2%、前年比-0.4%だった。コア指数は前月比+0.1%、前年比+0.7%だった。

F:英7月のライトムーブ住宅価格は前月比-0.9%、前年比+4.5%だった。

F:英6月の小売売上高指数は前月比0.9%減、前年比4.3%増だった。除自動車燃料では前月比0.9%減、前年比3.9%増だった。

S:英7月の製造業PMI速報値は49.1だった。6月の52.1から低下した。非製造業PMIは47.4と、52.3から大幅に低下した。

S:英5-7月期のCBI製造業楽観度指数はマイナス47と、前期のマイナス5から大幅に悪化、2009年1月以来の低水準となった。総受注はプラス9と、前期のマイナス4から上昇、1年ぶりの水準に回復し、歴史的平均のマイナス1を上回った。7月単月の製造業受注指数は、6月のマイナス2からマイナス4に低下した。今後3ヵ月の生産高の見通しは6月のプラス23からプラス6に落ち込み、昨年12月以来の低水準だった。

F:英7月のCBI流通取引調査報告済売上高は-14だった。6月の+4から大幅に悪化した。

F:英7月のネーションワイド住宅価格は前月比+0.5%、前年比+5.2%だった。

S:英7月のGFK消費者信頼感調査は-12だった。6月の-8から大幅に悪化した。

F:英6月のマネーサプライM4は前月比+1.1%、前年比+3.5%だった。消費者信用残高は18億ポンド増と、5月の修正値16億ポンド増から加速した。住宅証券融資高は33億ポンド増と、5月の修正値29億ポンド増から加速した。住宅ローン承認件数は6万4800件で、5月の修正値6万6700件から減少した。

S:英国7月の製造業PMI確報値は48.2だった。6月の52.4から低下、2013年2月以来の低水準となった。速報値の49.1からも大幅下方修正された。

S:英7月の建設業PMIは45.9だった。6月の46.0からやや低下した。

S:英7月の非製造業PMI確報値は47.4だった。速報値と変わらずだった。

F:英7月のBRC店頭価格指数は前年比-1.6%だった。6月の-2.0%からマイナス幅を縮小した。

F:英7月のハリファックス住宅価格は前月比-1.0%、前年比+8.4%だった。

F:西欧17ヵ国7月の乗用車販売台数は前年比2%減の107万0600台だった。前年割れは35ヵ月ぶり。営業日が前年より少なかったのが主因。ドイツ3.9%減、フランス9.6%減、英国は0.1%増だった。

F:英は政策金利を0.25%ポイント引き下げ、0.25%とした。利下げは2009年3月以来。資産買い入れ枠も3750億ポンドから4350億ポンドへ拡大した。

F:英7月のBRC小売既存店売上高は前年比1.1%増だった。6月の0.5%減から大幅に改善した。

F:英6月の貿易収支は124億ポンドの赤字だった。5月の修正値115億ポンドの赤字から拡大した。

F:英6月の鉱工業生産は前月比0.1%増、前年比1.6%増だった。製造業生産高は前月比0.3%減、前年比0.9%増だった。

F:イングランド銀行が8月9日に行った英長期国債買い入れは目標額に届かなかった。英中銀は償還期限15年超の国債買い入れ目標額を11億7000万ポンドと設定していたが、実際の応札額は11億1800万ポンドにとどまり、投資家が資産の手放しに消極的になっていることが示された。10年債と30年債利回りは一時過去最低をつけた。

S:英7月のRICS住宅価格は+5だった。6月の修正値+15から低下した。

F:英8月のライトムーブ住宅価格は前月比-1.2%、前年比+4.1%だった。

F:英7月の消費者物価指数は前月比-0.1%、前年比+0.6%だった。コア指数は前年比+1.3%と、6月の+1.4%から減速した。

F:英7月の小売物価指数は前月比+0.1%、前年比+1.9%だった。コア指数は前年比+1.9%と、6月の+1.7%から加速した。生産者物価指数は前月比+0.3%、前年比+0.3%だった。コア指数は前月比+0.4%、前年比+1.0%だった。

F:英6月のONS住宅価格は前年比+8.7%だった。5月の修正値+8.5%から加速した。

F:英4-6月のILO失業率は4.9%だった。3-5月と同水準だった。7月の失業保険受給者ベース失業率は2.2%だった。6月と同水準だった。失業者数は8600人減だった。

F:英7月の小売売上高指数は前月比1.4%増、前年比5.9%増だった。除自動車燃料では前月比1.5%増、前年比5.4%増だった。

F:英7月のBBA住宅ローン承認件数は3万7662件だった。6月の修正値3万9763件から減速した。

F:英8月のCBI報告済売上高は+9だった。7月の-14から大幅に改善した。

F:英第2四半期のGDP改訂値は前期比0.6%増、前年比2.2%増と、速報値と同じだった。家計消費は0.9%増と約2年ぶりの高い伸び。設備投資は0.5%増だった。

F:英4-6月のサービス業指数(UK index of services)は前期比0.5%増だった。3-5月の0.3%増から加速した。

F:英第2四半期の総合事業投資速報値は前期比0.5%増、前年比0.8%減だった。

 どうだろう? Fで示したファクト、実際の数値に比べて、Sで示したセンチメントが弱く出ているのが見て取れるようだ。もっとも、ブレグジットは決定しただけで実務は来年以降なので、今後の展開は不明だ。

「金融緩和の袋小路に迷い込んだEU (3) ―後編―」に続く。

株探ニュース

日経平均