市場ニュース

戻る
2016年08月30日11時47分

【市況】東京株式(前引け)=底堅さ発揮し小幅続伸、売買代金は低調際立つ

日経平均 <1分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより
 30日前引けの日経平均株価は前日比5円83銭高の1万6743円32銭と小幅続伸。前場の東証1部の売買高概算は5億8513万株、売買代金概算は6175億円。値上がり銘柄数は772、対して値下がり銘柄数は1010、変わらずは179銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、朝方安く始まったものの下値は堅く、その後はプラス圏に浮上。日経平均1万6700円台では戻り売り圧力も強く、前日終値を挟んでのもみ合いとなった。前日の米国株市場でNYダウが100ドルを超える反発をみせたが、為替の円安が一服したことで、いったんポジションをたたむ動きが上値を重くした。化学や非鉄などの素材関連株に買いが入る一方、小売、サービス、陸運といった内需系銘柄に軟調なものが目立つ。市場エネルギーは一段と低調で前引け時点の売買代金は6000億円強にとどまった。

 個別では売買代金トップのトヨタ自動車<7203>は為替の円安一服にもかかわらず堅調。村田製作所<6981>、ブイ・テクノロジー<7717>なども高い。2次電池関連のチタン工業<4098>、ダブル・スコープ<6619>などが値を飛ばしている。UACJ<5741>、丸山製作所<6316>なども物色人気となった。半面、NTT<9432>が軟調、カルビー<2229>も下げた。前日ストップ高に買われたインフォマート<2492>が大きく利食われ急反落となったほか、関東電化工業<4047>、ツクイ<2398>なども売られた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均