市場ニュース

戻る
2016年08月16日06時31分

【市況】NY原油:3日続伸で45.74ドル、9月OPEC会合への思惑が先行


NY原油は3日続伸(NYMEX原油9月限終値:45.74↑1.25)。ロシアのノバグ・エネルギー相が、サウジアラビアなど主要産油国と原油相場の安定化に向けて協議していると明らかにしたことで、9月のOPEC非公式会合への思惑が高まった。また、米調査会社ジェンスケープによる統計で、WTIの現物引渡しの拠点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫が減少したと伝わったことも買い材料視された。


日足チャートでは、200日移動平均線レベルからの反発を迎えている。50日移動平均線まで値を戻したことで上げ一服の可能性もある。短期的な買戻しは一巡か。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均