市場ニュース

戻る
2016年07月29日10時35分

【経済】中露が9月に南シナ海で初演習、米は透明性求める


中国国防部は26日、中国とロシアが今年9月に南シナ海で合同演習を行うと発表した。南シナ海での中露合同演習は初めて。米国務省の報道官は、演習の透明性を高めるよう求めた。香港星島日報が28日伝えた。
米国務省の報道官は、「中露は軍事演習の規模と意図を明らかにするべき」とコメント。「国際法に基づいて演習を行い、南シナ海の緊張激化を避ける必要がある」と述べた。
一方で中国国防部の楊宇軍報道官は、「(演習は)定期的なもので、中露の戦略パートナーシップを強化するのが目的。第3国に対するものではない」と強調している。
米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、中露両国は近年、合同軍事演習を頻繁に行っている。2015年8月には、ロシア・ウラジオストクのピョートル大帝湾で海空合同演習を実施。また5月には、黒海と地中海でも演習を行っている。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均