市場ニュース

戻る
2016年07月20日10時52分

【経済】(中国)上海総合指数は0.06%安でスタート、金融緩和期待の後退などが足かせに

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

20日の上海総合指数は売り先行。前日比0.06%安の3034.71ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時46分現在、0.10%安の3033.48ptで推移している。大規模な金融緩和期待が後退していることが足かせに。また、デベロッパー大手の万科企業が本日取引再開後に大幅に下落していることも圧迫材料となっている。一方、指数の下値は限定的。人民元がきょう20日オフショア市場で反発していることが指数をサポートしている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均