市場ニュース

戻る
2016年07月08日18時41分

【テク】日経平均テクニカル:MACDは陰転シグナルを発生


4日続落。買い先行で始まったが、5日線に上値を抑えられ、その後は下げ幅を拡大させている。ボリンジャーバンドでは切り下がりをみせている-1σに上値を抑えられている。-2σも下向きで推移しており、売られ過ぎ感が出難い状況。一目均衡表では転換線が上値抵抗として意識されている。MACDはシグナルとのクロスにより、陰転シグナルを発生させている。週間形状でみた価格帯別出来高では、出来高の積み上がりが少ない価格帯での推移となっている。辛うじて積み上がりがみられる15000円処を試す流れのなか、ダブル・ボトム形成を割り込んでしまうと、下へのバイアスが相当強まるリスクは高そうだ。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均