市場ニュース

戻る
2016年06月16日11時42分

【市況】東京株式(前引け)=円高進行を嫌気して下値模索

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 16日前引けの日経平均株価は前日比174円78銭安の1万5744円80銭と反落。前場の東証1部の売買高概算は8億1601万株、売買代金概算は8125億6000万円。値上がり銘柄数は224、対して値下がり銘柄数は1626、変わらずは101銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、英国のEU離脱への警戒感が高まるなか、為替が1ドル=105円台半ばまで急速に円高が進行したことなどを背景に下値模索の展開となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利の据え置きを決定、これは事前予測通りだが、今後も利上げペースが遅れるとの見方がドル売りの動きに反映された。これを受けて主力輸出株などに売り優勢となり、全般地合いを悪化させた。日経平均は一時1万5700円台を割り込む場面も。きょうの日銀金融政策決定会合の結果を見極めたいとの思惑もあり、押し目に買い向かう動きも限定的となっている。

 個別では、為替の円高進行を背景にトヨタ自動車<7203>が安く、前日に強さをみせた東芝<6502>も利食われた。ペプチドリーム<4587>は朝高後に軟化した。日東電工<6988>、小野薬品工業<4528>なども安い。gumi<3903>が急落したほか、日本エンタープライズ<4829>、トリドール<3397>などの下げも目立つ。半面、ソフトバンクグループ<9984>が頑強な値動きをみせ、ファーストリテイリング<9983>もしっかり。生化学工業<4548>、エス・エム・エス<2175>が急伸、日立国際電気<6756>も上昇した。日本製鋼所<5631>も値を上げた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均