市場ニュース

戻る
2016年06月10日08時38分

【市況】全般こう着も中小型株の活発な物色が続きそう/オープニングコメント

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

全般こう着も中小型株の活発な物色が続きそう

 10日の日本株市場はこう着感の強い相場展開になりそうだ。9日の米国株は原油安を受けて利食い優勢となり、NYダウは小幅な下げとなった。シカゴ日経225先物清算値は9月限で大阪比変わらずの16590円。円相場は1ドル107円処での推移をみせている。

 先物オプションSQ通過後は需給が軽くなりそうだが、週末要因や来週以降の経済イベントを見極めたいとする模様眺めムードが強いだろう。日経平均は価格帯別出来高で商いが膨れている16800-17000円処のカベを捉えるのは厳しく、狭いレンジ相場が続きそうである。

 物色の流れとしては個人主体の短期的な値幅取りの流れが続くとみられ、マザーズ市場での中小型株の活発な物色が続きそうである。テーマ性としては、昨日動意をみせてきたブロックチェーンのほか、東京おもちゃショー開幕でスマホゲームやVR関連、また、LINEの株式上場が、きょう承認の方針と報じられている。昨日は上場延期と一部で伝えられていたこともあり、LINE関連の値動きは荒そうだ。
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均