市場ニュース

戻る
2015年12月05日10時30分

【経済】「郵政上場から1ヵ月」(3) 福永博之氏に聞きました! <直撃Q&A>

福永博之氏 (インベストラスト 代表取締役)

 12月4日で郵政グループ3社のIPO(新規株式上場)から1ヵ月。日本郵政 <6178> とかんぽ生命 <7181> 、ゆうちょ銀 <7182> の3社の初値は公開価格を大幅に上回る好調なスタートを切り、その後も高い人気を維持している。しかし、3社の株価の値動きには徐々に差も出始めている。果たして、今後の株価動向をどう見たらいいのか。インベストラスト代表取締役の福永博之氏に展望を聞いた。

●福永博之氏 (インベストラスト 代表取締役)

Q1 郵政3社のIPOから1ヵ月。いまの株価をどう評価しますか?

 3社とも初値を上回った状態が続いており、大型IPOとしては大成功だった。今年の後半相場の救世主的な存在と言っても良いかもしれない。ファンダメンタル面から見ると、いまの株価は各社とも20倍台前半なので妥当な水準と思われる。

Q2 今後注目されるイベントや展開材料は?

 郵政3社はM&Aや海外進出などの成長戦略をどう展開するかが注目ポイントだろう。

Q3 半年後、1年後の株価をどう予想しますか?

 成長戦略がカギ。成長戦略を打ち出せば、株価上昇が期待できる。ただ、打ち出せないようだと、株価の伸びも限定的だろう。

(聞き手 冨田康夫)

<プロフィール>
株式会社インベストラスト代表取締役。勧角証券(現みずほ証券)を経て、DLJdirectSFG証券(現楽天証券)に入社。同社経済研究所チーフストラテジストを経て、現在、投資教育サイト「itrust アイトラスト」の総監修とセミナー講師を務めるほか、大前健一氏のビジネス・ブレイクスルー大学資産形成力養成講座や早稲田大学オープンカレッジの講師を務める。国際テクニカルアナリスト連盟 国際検定テクニカルアナリスト。マネー誌の連載、著書多数。

株探ニュース

日経平均