市場ニュース

戻る

【決算】日立国際、今期税引き前を33%上方修正・最高益予想を上乗せ

日立国際 【日足】
多機能チャートへ
日立国際 【日中足】
 日立国際電気 <6756> が10月11日大引け後(19:15)に業績修正(国際会計基準=IFRS)を発表。18年3月期の連結税引き前利益を従来予想の213億円→284億円(前期は104億円)に33.3%上方修正し、増益率が2.0倍→2.7倍に拡大し、従来の3期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。
 同時に、4-9月期(上期)の連結税引き前利益も従来予想の94億円→148億円(前年同期は32.9億円)に57.4%上方修正し、増益率が2.9倍→4.5倍に拡大し、2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  成膜プロセスソリューションセグメントにおいて、半導体メーカーによる設備投資が第2四半期以降も引き続き堅調に推移しており、2017年7月26日に公表しました第2四半期連結累計期間の連結業績予想を上回ることが想定されることから、業績予想を修正いたします。 通期の業績につきましても、成膜プロセスソリューションセグメントにおける第2四半期累計期間の業績の状況等か»続く

日経平均