信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
ヒガシ21の【株価予想】を見る

9029ヒガシトゥエンティワン

東証2
683円
前日比
+4
+0.59%
比較される銘柄
ビイングHD,
遠州トラック,
ロジネットJ
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.8 0.96 3.22
時価総額 90.6億円

銘柄ニュース

戻る

利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 38社選出 <成長株特集>


 本特集では、4月下旬から5月中旬までの決算発表集中期間に随時配信した「利益成長“青天井"銘柄リスト」を、“全期間”を対象に再構成した総集編をお届けします。東証1部銘柄を対象とする前回までのリストに続き、今回は時価総額50億円以上の東証2部と新興市場(マザーズ、ジャスダック)銘柄を対象に、21年1-3月期に四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”状況になっている銘柄をリストアップした。

 下表では、本決算月にかかわらず、1-3月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を3%以上、上振れて更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している38社を選び出し、1-3月期の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

 上振れ率トップとなったITbookホールディングス <1447> [東証M]の21年1-3月期(第4四半期)業績は、経常利益が8億円と過去最高だった前年同期を2.8倍も上回って着地。コンサルティング事業で企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するレガシー分析サービスの受注が増加したほか、経費削減を進めたことも利益拡大につながった。

 4位にリスト入りしたHPCシステムズ <6597> [東証M]の1-3月期(第3四半期)は売上高、経常利益ともに過去最高を達成した。科学技術計算に対応した高性能コンピュータを提供するHPC事業で大学など公的研究機関の大口案件を複数獲得したことに加え、WEBを活用した効率的な営業活動で経費が減少したことも大幅増益に貢献した。

 6位のテクノホライゾン <6629> [JQ]は政府主導のGIGAスクール構想やテレワークの拡大を追い風に、電子黒板や書画カメラの販売好調が継続し、1-3月期(第4四半期)の経常利益は2四半期連続の過去最高益を達成した。併せて発表した22年3月期業績見通しは、経常利益29億円(前期比14.5%増)と3期連続で最高益を更新する見通しを示している。

 選出リストには、HPCシステムズやテクノホライゾンをはじめ、好調な業績が評価され株価が新高値を更新した銘柄が目立つ。8位のアライドアーキテクツ <6081> [東証M]はマーケティングDX需要の拡大を追い風に、ソリューション事業で既存顧客によるファン育成とSNS活用を掛け合わせた案件が増加したほか、大型キャンペーンに伴う広告出稿の一時的要因も加わり、1-3月期(第1四半期)は17四半期ぶりに最高益を達成した。

 続く9位に入ったBuySell Technologies <7685> の1-3月期(第1四半期)は、緊急事態宣言の影響で出張訪問数は減少したものの、訪問あたり買取量の増加や個人向け直接販売比率の向上、徹底したコスト削減などで採算が大きく改善した。また、オークションを展開するタイムレスの連結化による業績上積みも収益を押し上げた。

 10位のリビング保証 <7320> [東証M]は主力とする住宅設備保証サービスの契約件数が順調に伸びたことに加え、BPO事業で利益率の高い大口スポット案件を受注し、1-3月期(第3四半期)は売上高、経常利益ともに過去最高を達成した。業績好調に伴い、21年6月期通期の経常利益予想を大幅上方修正している。

 11位のケアネット <2150> [東証M]は新型コロナウイルス感染拡大の長期化で製薬企業におけるMR(医薬情報担当者)の医療機関への訪問自粛が続くなか、医療情報サイト「ケアネット」を通じた医薬営業支援サービスの受注が大幅に増加し、1-3月期(第1四半期)の経常利益は前年同期比4.6倍の8.6億円に膨らんだ。

 15位にリストアップされたのは、温度センサー部品のサーミスタで世界トップシェアを誇る芝浦電子 <6957> [JQ]。1-3月期(第4四半期)はサーミスタ素子の需要が回復したほか、車載用や家電用センサーが伸びた。また、製造効率化や固定費の削減も進み、2四半期連続の最高益更新を遂げた。22年3月期は経常利益40.5億円(前期比28.1%増)と2期連続の最高益を見込む。

 36位に入ったプリント基板大手メイコー <6787> [JQ]の1-3月期(第4四半期)は、スマートフォン向け基板が5G需要の立ち上がりを背景に大幅に増加したうえ、自動車生産の回復を受けて車載用も好調だった。22年3月期の経常利益は3期ぶり最高益を計画するほか、18日から東証1部へ市場変更することも決定し、株価は約2年8ヵ月ぶりの高値圏に急浮上している。

 このほか、19位の中央自動車工業 <8117> [東証2]、21位のヒガシトゥエンティワン <9029> [東証2]、23位のニッポン高度紙工業 <3891> [JQ]の株価も力強い利益成長を背景に、上場来高値更新を果たしている。

●“青天井”シリーズ ─────
利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 38社選出
利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 35社選出
利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 41社選出
も併せてご覧ください。

           ┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐ 予想
コード 銘柄名     上振れ率 1-3月 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER
<1447> ITbook    177  800    289   90.8   374   196 65.1
<7826> フルヤ金属     175  4271   1555   74.6   8000   4583 10.3
<4764> NexusB    166  1500    563    738   3000   358  3.7
<6597> HPCシス     148  496    200   33.3   620   465 41.1
<6580> ライトアップ   93.0  357    185   23.3   735   596 31.7
<6629> Tホライゾン   90.4  1603    842   14.5   2900   2533 10.8
<3970> イノベーショ   74.8  215    123    9.2   570   522 25.8
<6081> アライドアキ   74.4  279    160   63.9   500   305 46.6
<7685> バイセル     57.5  630    400   68.3   1552   922 62.0
<7320> リビング保証   51.4  215    142    129   650   284 33.3

<2150> ケアネット    49.6  860    575   47.5   2222   1506 65.3
<7705> ジーエル     36.4  1324    971    7.0   4190   3915 10.7
<5955> ヤマシナ     35.9  231    170    2.6   560   546 28.4
<4595> ミズホメディ   34.4  880    655    155   3092   1211 10.2
<6957> 芝浦電子     33.9  1339   1000   28.1   4050   3162 15.3
<9857> 英和       33.0  975    733    0.5   1800   1791  6.5
<3496> アズーム     29.9  152    117    102   450   223 53.9
<2498> オリコンHD   28.2  2612   2037    4.8   2660   2538  9.0
<8117> 中央自      26.0  2089   1658   11.6   6700   6004 13.5
<3904> カヤック     21.9  412    338   28.4   950   740 21.9

<9029> ヒガシ21    18.2  462    391    1.0   1300   1287 11.8
<4999> セメダイン    17.4  661    563   16.6   1770   1518  9.1
<3891> 高度紙      16.1  894    770    7.3   3000   2796 18.7
<4389> プロパテDB   14.6  165    144    2.7   533   519 29.1
<3671> ソフトMAX   11.9  300    268    4.5   510   488 22.8
<2981> ランディクス   11.3  266    239    8.4   1050   969  8.4
<4970> 東洋合成     10.8  896    809   14.0   3400   2982 42.8
<4327> 日本SHL    10.4  868    786    0.1   1393   1392 17.6
<7809> 寿屋       10.3  386    350   34.9   850   630 10.7
<7634> 星医療       9.7  464    423    2.6   1500   1462 11.0

<9639> 三協フロンテ    8.9  2331   2140    7.0   8500   7946  7.9
<3020> アプライド     8.7  761    700    0.1   2400   2397  5.1
<4391> ロジザード     8.6   88    81   29.3   322   249 28.9
<4476> AIクロス     8.4   90    83   20.5   229   190 23.9
<9698> クレオ       7.2  506    472    6.7   1275   1195 13.3
<6787> メイコー      4.4  3810   3651    1.0   8700   8610 11.6
<6562> ジーニー      3.5  147    142   54.2   720   467 46.5
<7036> EMネットJ    3.3  124    120   21.0   404   334 20.5

※ 2020年1月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した2003年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

株探ニュース

日経平均