8424 芙蓉総合リース 東証1 14:45
5,380円
前日比
+60 (+1.13%)
比較される銘柄: 東京センチュオリックス興銀リース
業績: 今期予想
その他金融業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.3 0.76 2.23 2.73

銘柄ニュース

戻る
2016年07月08日16時22分

芙蓉リース Research Memo(11):配当性向20%程度を目標、17年3月期は20円増配を予想


■株主還元

芙蓉総合リース<8424>は、業績及び目標とする経営指標等を勘案し、確固たる経営基盤、財務体質の強化を図るべく、株主資本の充実に努めるとともに、長期的かつ安定的な配当の継続により、 株主への利益還元に努めることを基本方針としている。配当性向は20%程度を目標としているようだ。

2016年3月期の期末配当額については、好調な業績動向を踏まえ期初予想から4円増額の52円に決定した。この結果、年間配当額は前期比20円増の100円(中間配当48円、期末配当52円)となった(配当性向17.3%)。

2017年3月期の年間配当額についても、引き続き20円増配となる120円(中間配当60円、期末配当60円)を予定している(配当性向予想は18.6%)。

弊社では、同社の年間配当額は毎年増加しており、配当性向も着実に改善傾向にあることから、今後も利益成長に伴う増配の余地は十分に高いものとみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均