7203 トヨタ自動車 東証1 15:00
6,641円
前日比
+29 (+0.44%)
比較される銘柄: ホンダ日産自デンソー
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.0 1.01 6.12
決算発表予定日  2018/11/06

銘柄ニュース

戻る
2017年02月21日09時07分

三井住友、MROなど◆今日のフィスコ注目銘柄◆


三井住友<8316>

年初以降、もち合いレンジでのこう着が続いているが、25日線が支持線として意識されている。一目均衡表では雲上限レベルでの攻防だが、支持線として意識されやすいところ。同社ととりそなホールディングス<8308>は系列の関西の地銀3行を経営統合する方向で最終調整に入ったと報じられるなか、再編機運が高まりやすい。



ソフトバンクG<9984>

前日に3%を超える上昇で日経平均をけん引していたこともあり、本日も市場の関心が集まりやすいだろう。前日の上昇に対する利益確定は想定内であり、利食い一巡後の底堅さを見極めたいところ。週間形状では高値圏でのもち合いが続いているが、上昇する13週線が支持線として機能するなかで煮詰まり感が台頭。



MRO<3064>

リバウンド一巡から足下ではやや調整含みとなっているが、ボリンジャーバンドでは61σを下回ってきており、過熱感は和らいでいる。週間形状では52週線が支持線として意識されているほか、13週、26週線とのゴールデンクロス示現。週足の一目均衡表では雲上限が意識されているなか、自律反発を狙ったスタンスになりそうだ。



トヨタ自<7203>

下降する25日線に上値を抑えられる格好での調整が続いているが、一目均衡表の雲下限レベルでの下げ渋りがみられている。週間形状では26週線レベルでの底堅さが意識されているほか、一目均衡表では雲上限が支持線として機能している。リバウンドを意識した押し目拾いのスタンスになろう。

《SK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均