4977 新田ゼラチン 東証1 15:00
812円
前日比
-10 (-1.22%)
比較される銘柄: 片倉コープクレハミルボン
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.6 0.98 1.48 3.63

銘柄ニュース

戻る
2017年02月24日09時17分

新田ゼラチンが急伸、コラーゲンペプチドによる脳の若返り効果の可能性が示されたと発表

 新田ゼラチン<4977>が急伸し、約10カ月ぶりに昨年来高値を更新している。23日の取引終了後、実証トライアルの成果として、コラーゲンペプチドが脳神経線維の質を向上させ、脳の情報伝達効率向上に寄与する可能性が示されたと発表しており、コラーゲンペプチドの可能性を広げたものとして関心を集めている。

 内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」の16年度「BHQチャレンジ」で採択された実証トライアルによるものとして発表したもので、コラーゲンペプチド摂取による脳機能改善効果の検証を行い、1日5グラムのコラーゲンペプチド1カ月摂取による介入において、摂取前と比較してMRIの健康指標(FA-BHQ)に統計的有意な改善がみられたとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均