4974 タカラバイオ 東証1 15:00
3,090円
前日比
+119 (+4.01%)
比較される銘柄: 大日本住友第一三共医学生物
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
120 6.12 0.19 5.54

銘柄ニュース

戻る
2017年01月24日09時06分

タカラバイオが反発、京大iPS細胞研究所と共同研究を開始

 タカラバイオ<4974>が反発している。23日の取引終了後、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)とiPS細胞技術の臨床応用に向けた共同研究を開始したと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 同研究は、より品質の高いiPS細胞を継続的に製造することを目的とし、CiRA附属細胞調製施設においてGMP(医薬品などの製造管理および品質管理に関する基準)体制の整備、ならびに新たな出荷試験項目の規格値などの策定を目指すという。なお、17年3月期業績への直接的な影響は軽微としている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均