4552 JCRファーマ 東証1 15:00
5,800円
前日比
+110 (+1.93%)
比較される銘柄: タカラバイオ大日本住友田辺三菱
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
55.8 6.63 0.45 11.54

銘柄ニュース

戻る
2018年05月28日10時42分

JCRファーマが反発、血液脳関門通過型ハンター症候群治療酵素製剤のブラジル第2相臨床試験を6月にも開始へ

 JCRファーマ<4552>が反発し年初来高値を更新。午前10時ごろ、血液脳関門通過技術「J-Brain Cargo」を適用した血液脳関門通過型ハンター症候群治療酵素製剤「JR141」について、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)に提出していた治験計画届が受理され、6月にもブラジルで第2相臨床試験を開始すると発表したことが好感されている。

 ブラジルでの第2相臨床試験は単独で実施し、ハンター症候群患者18人を対象に、用量設定に加えて、全身症状や中枢神経症状に対する有効性・安全性を評価するとしている。今回のブラジルでの治験は、ブラジルでは多くのハンター症候群の患者が診断されており、特定の施設に集中して治療を受けていることなどから判断したとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均