4183 三井化学 東証1 15:00
523円
前日比
-5 (-0.95%)
比較される銘柄: 三菱ケミHD旭化成昭電工
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.5 1.36 1.91 1.72

銘柄ニュース

戻る
2016年01月31日09時00分

今週の「妙味株」一本釣り! ─ 三井化学


●三井化学 <4183>  【目標株価】550円(29日終値519円)

「機能性樹脂、ヘルスケアが牽引」

 三井化学の出直り相場に期待したい。三井系総合化学大手で石化、基礎化学品、機能性樹脂、電子材料、ヘルスケアと多岐にわたる商品展開力を強みとしている。

 主力事業の石化部門は昨年来の原油安が収益面でメリットをもたらしている。また、注力するヘルスケア分野では紙おむつ用不織布などが業績に寄与している。さらに、北米などを中心として自動車向けに機能性樹脂が好調だ。一方、不採算部門のウレタン事業の構造改革も進捗しリストラ効果が発現している。

 16年3月期は営業利益段階で前期比67%増の700億円を計画。株主配分にも前向きであり、前期に続く増配で年8円配を計画していることも評価材料だ。


●クミアイ化 <4996>  【目標株価】3000円(29日終値1310円)

「畑作用除草剤『ピロキサスルホン』に成長期待」

 クミアイ化学工業の畑作用除草剤「ピロキサスルホン」が一段と成長しそうだ。同社は米国やオーストラリアなどでさらなる拡販に努めるとともに、登録国および適用作物の拡大に取り組む方針。今16年10月期の売り上げは270億円と、前期に比べ2倍の伸びを計画している。

 国内は本格販売となる水稲用除草剤「フェノキサスルホン」などが牽引するとみられ、今期の連結業績は売上高が743億円(前期比21.6%増)、営業利益が45億円(同20.9%増)と見込まれている。

 テクニカル面では75日移動平均線がサポートラインとなるなか、足もとでは5日移動平均線が25日移動平均線を上抜けるゴールデンクロスが目前。また、1月22日申し込み時点の信用倍率は0.34倍と取組妙味もある。

株探ニュース

日経平均