市場ニュース

戻る
2016年01月29日20時00分

【特集】植木靖男氏 【こう読む! 日銀マイナス金利導入】 (3) <相場観特集>

植木靖男氏(株式評論家)
 29日の東京株式市場は、日銀がマイナス金利導入を決めたことを受け、日経平均株価は乱高下を経て前日比476円85銭高の1万7518円30銭となった。外国為替市場では、株価の動きに先駆け、一時1ドル=121円台前半まで円安・ドル高が加速。円安進行に伴う主力輸出企業の採算改善期待などを手掛かりに、引けにかけ買い直された。マイナス金利導入を受けて波乱展開となった株式相場の今後について、第一線の市場関係者に聞いた。

●「1万9000円台で3番天井をつけに行く展開に」

植木靖男氏(株式評論家)

 日銀が今回の金融政策決定会合で動いたことは、株式市場はもちろん、為替市場、債券市場にとっても大きなサプライズだったことは間違いない。ただ、マイナス金利にしたのは日銀にある当座預金口座の一部(マクロ加算残高を超えた部分)にとどまったことで、前回の補完措置の時と同様、小出しにした印象もあり、これがその後、全体株価が急激に値を崩す背景となった。

 為替とリンクさせた先物への仕掛けが波乱の実態で、投資家はそれに翻弄された格好だが、今回の措置について個人的には相応に評価している。おそらく、市場の本音は金融機関に貸し出しを促しても需要が伴わず、安倍政権の成長戦略の現状と噛み合っていないということではないかと思う。しかし、その資金はリスク資産に向かう流れを形成し、株式市場にマイナスに働くということはない。日銀のデフレ脱却、株価浮揚に対する意思が改めて強く示されるなか、日経平均株価はテクニカル的にも大底圏にあるといってよく、少なくとも浮上の契機となるだろう。

 これで相場が完全に立ち直れるかというと、それほど簡単な話ではないことも事実。当面、大勢トレンドは下値切り上げで上値を指向する公算が大きいとはいえ、日経平均は昨年12月1日につけた2番天井2万12円をクリアするのは難しそうだ。海外株市場や原油、為替の動向にもよるが、大勢は3番天井を探りに行く展開を想定する。戻りのメドは1万9000円プラスアルファというところではないか。

(聞き手・中村潤一)

<プロフィール>植木靖男(うえき・やすお)
慶応義塾大学経済学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)入社。情報部を経て株式本部スポークスマン。独立後、株式評論家としてテレビ、ラジオ、週刊誌さらに講演会などで活躍。的確な相場見通しと独自の銘柄観に定評がある。

株探ニュース

日経平均