4112 保土谷化学工業 東証1 11:30
4,960円
前日比
+170 (+3.55%)
比較される銘柄: 宇部興ゼオンクラレ
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.6 1.13 1.01 3.99

銘柄ニュース

戻る
2017年03月17日09時41分

平田機工、保土谷化など有機EL関連が買われる、韓国LGが日本で有機EL大型壁掛けテレビ販売攻勢へ

 平田機工<6258>が続伸、25日移動平均線をサポートラインとした上昇トレンドを継続しているほか、保土谷化学工業<4112>、アルバック<6728>なども続伸し上値指向を鮮明とするなど、有機EL関連株に再びスポットが当たり始めた。

 韓国LGが日本で有機EL大型壁掛けテレビを販売攻勢の構えにある。同社の日本法人が16日、超薄型で大画面の壁掛け型有機ELテレビを4月上旬から日本で発売することを発表し注目されている。65インチでありながら、壁からパネルの表面までわずか約3.9ミリという薄さで一体化し、テレビ画面がまるで宙に浮いているようなデザインを実現している。これを受けて有機EL製造装置や有機EL材料を手掛ける企業群の一角に物色の矛先が向いている状況だ。有機ELはポスト液晶の最有力候補として次世代ディスプレーの地位を不動のものとしており、2030年には5兆円近い市場が試算されている。米アップルが今秋にも発売予定とされる「iPhone8」では有機ELパネル搭載が濃厚とみられ、関連企業の動きが活発化しているほか、画像が鮮明な大型有機ELテレビも韓国LGに追随する形で、国内企業の参戦が相次いでいる。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均