3769 GMO-PG 東証1 13:35
13,840円
前日比
-60 (-0.43%)
比較される銘柄: 楽天メタップスヤフー
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
130 21.42 0.35 0.77

銘柄ニュース

戻る
2017年01月18日09時46分

GMOPGは大幅続伸、インアゴーラの中国向け越境ECプラットフォームの取り扱い開始

 GMOペイメントゲートウェイ<3769>が大幅続伸となっている。同社は17日、Inagora(インアゴーラ、東京都港区)が運営する中国向け越境ECプラットフォーム「ワンドウプラットフォーム」の取り扱いを開始したことを明らかにした。

 ワンドウプラットフォームは、日本のEC事業者と中国の消費者を結ぶBtoBtoCの越境ECプラットフォーム。ワンドウプラットフォームに登録された商品は、インアゴーラが運営するショッピングアプリ「ワンドウ」をはじめ、中国大手ECサイトの「淘宝」や「京東」などの提供するショッピングアプリを通じて中国消費者に販売される。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均