市場ニュース

戻る
2017年01月16日20時00分

【特集】“押し目拾い”継続中で照準の「高進捗&増益予想」11銘柄リスト <株探トップ特集>

ローツェ <日足> 「株探」多機能チャートより

―ドル安・円高進行で日経平均大幅安も「好業績物色」は止まらず―

 週明け16日の東京株式市場は、外国為替市場で一時、1ドル=113円台後半へと円高・ドル安が進行したことなどから、輸出関連の主力株を中心に反落となり、日経平均株価終値は前週末比192円4銭安の1万9095円24銭となった。そうしたなかでも、好業績銘柄の押し目を拾う動きは継続している。そこで、ほぼ終了した2月期決算の第3四半期累計(3-11月)経常利益の進捗率が高く、なおかつ今期増益見通しの11銘柄に注目した。

●わらべや日洋は通期予想利益を超過達成し上方修正濃厚

 わらべや日洋ホールディングス <2918> は11日、17年2月期第3四半期累計(16年3-11月)連結決算を発表し、売上高1627億2500万円(前年同期比2.1%増)、経常利益43億2200万円(同35.0%増)となった。通期経常利益予想39億5000万円(前期比18.4%増)に対する進捗率は109.4%と超過達成しており、通期上方修正が濃厚だ。納品先であるセブン-イレブンの積極的な出店や、チルド温度帯商品の販売伸長などで売上高が増加したことに加えて、前期に稼働した岩手工場の初期赤字の縮小などが利益を押し上げた。株価は12日に2613円まで買われ、16年10月31日につけた昨年来高値2562円を更新している。

●エスクローAJは住宅ローン融資関連業務の受託好調

 エスクロー・エージェント・ジャパン <6093> は6日、17年2月期第3四半期累計(16年3-11月)連結決算を発表した。売上高20億3700万円(前年同期比64.6%増)、経常利益5億7900万円(同70.6%増)と大幅増収増益を達成し、通期経常利益に対する進捗率は89.9%に達した。引続き住宅ローン借り換え案件を中心として、融資申し込み件数が増加した結果、登録司法書士によるASPサービスの利用頻度が増加し、エスクローサービス事業が好調に推移した。また、低金利相場を背景として取引先金融機関からの住宅ローン融資関連業務の受託件数が引続き順調に推移したことで、金融機関における住宅ローン融資案件の事務を請け負うBPO事業も伸長した。

●CSPは機械警備部門などのM&A奏功し業績上方修正

 セントラル警備保障 <9740> は12日、17年2月期の連結業績を上方修正した。売上高を従来予想の478億円から490億円(前期比5.7%増)へ、経常利益を16億8000万円から19億7000万円(同65.0%増)へ上方修正した。これで8期ぶりに、経常利益が過去最高益を更新する見通しとなった。17年2月期第3四半期累計(16年3-11月)の連結経常利益は、18億4300万円(前年同期比67.1%増)と、上方修正した通期利益に対しても進捗率は93.6%に達している。昨年9月に連結化した特別警備保障の業績上積みや機械警備部門のM&A効果などが収益を押し上げる。

●ニトリHDは都市部での積極的な出店が寄与

 ニトリホールディングス <9843> は16年12月22日、17年2月期第3四半期累計(16年3-11月)の連結決算を発表した。売上高は3790億1600万円(前年同期比13.2%増)、経常利益711億7500万円(同26.1%増)と2ケタの増収増益を達成した。都市部を中心に積極出店を進めたことで客数が伸びたほか、機能性の高い寝具やソファなどが好調だったことが寄与している。通期予想の経常利益800億円(前期比6.7%増)に対する進捗率は89.0%に達しており、通期業績上方修正の可能性が高まってきた。

●乃村工藝は複合商業施設やホテルの改装工事が貢献

 乃村工藝社 <9716> が11日、17年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結決算は、売上高819億7000万円(前年同期比8.1%増)、経常利益60億4900万円(同41.4%増)と大幅増益を達成した。複合商業施設やホテルの改装工事のほか、展望台のリニューアルやオフィス関連工事が伸びたことが寄与している。原価管理の徹底に取り組んだことも大幅増益に貢献した。通期予想の経常利益71億円(前期比17.2%増)に対する進捗率は85.2%に達しており、通期業績の上振れの可能性が浮上している。

●ローツェはウエハー搬送機の販売増が継続

 ローツェ <6323> は10日、17年2月期第3四半期累計(16年3-11月)の連結決算を発表した。売上高162億9600万円(前年同期比28.3%増)、経常利益33億3600万円(同92.5%増)と急拡大をみせている。第2四半期累計決算発表時に上方修正した通期予想業績のさらなる上振れが想定される可能性が高まってきた。主力製品であるウエハー搬送機の販売増が継続していることが好業績の背景となっている。

◆主な2月期決算第3四半期利益高進捗率好業績銘柄◆

           経常利益
銘柄 <コード>     進捗率  増益率  株価
いちご <2337>      93.8   18.1    422
わらべや日洋 <2918>   109.4   18.4    2492
DCM <3050>      90.4   5.2    1035
薬王堂 <3385>      88.2   10.4    2104
エスクロAJ <6093>   89.9   59.8    1824

ローツェ <6323>     83.8   33.7    2090
ケーヨー <8168>     87.7   87.8    557
しまむら <8227>     86.4   15.2  1万4980
乃村工藝 <9716>     85.2   14.5    1875
CSP <9740>      93.6   65.0    2040

ニトリHD <9843>    89.0   6.7  1万2820

※株価は16日終値(単位:%、円)

株探ニュース

日経平均