株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 オプティムの【株価予想】【業績予想】を見る

3694オプティム

東証1
5,010円
前日比
-170
-3.28%
比較される銘柄
チェンジ
コア
NTTデータ
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
222 27.20 0.57

銘柄ニュース

戻る

オプティム Research Memo(7):テレパシー・グローバルの株式取得(子会社化)を発表


■直近のトピックス

2017年11月、オプティム<3694>はテレパシー・グローバルの株式取得(子会社化)を発表した。テレパシー・グローバルはスマートグラスやIoTセンサ等、各種IoTハードウェアの開発・導入並びにサービス立ち上げを幅広く支援してきており、特にハードウェアやロボットの知見には定評がある。また、テレパシー・グローバルはNASDAQに上場するシリコンバレーのベンチャーキャピタルFirsthand Technology Value Fund, Inc.の支援を受けており、グローバルマーケティングのノウハウを持つ。同社としては、ハードウェア開発力及びグローバルマーケティングのノウハウを取り込み、AI・IoT・ロボット事業の展開を加速したい考えだ。

同社の知財戦略はAI分野において加速している。2018年1月には、カメラが撮影している画像を解析し、撮影場所で雨具やその場の気候に適した服装の情報を提供するAIの特許を取得した。旅行業界や自治体、交通機関などが旅行客や乗客への情報発信での活用が期待される。また、2018年6月には、AIが契約書から契約相手や契約期間、契約の種類、キーワードを分析し、想定されるリスクや重要情報などをユーザーに通知する特許を取得した。いずれの特許も、OPTiM Cloud IoT OSの機能を強化し、〇〇×ITを後押しする成果である。


■株主還元策
将来への投資を優先、配当なし
同社は成長のための投資を優先する方針であり、現在配当の予定はない。日本では稀有な技術力・構想力を持つベンチャー企業だけに、投資には中長期の視点が必要だろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《NB》

 提供:フィスコ

日経平均