3666 テクノスジャパン 東証1 15:00
2,507円
前日比
-179 (-6.66%)
比較される銘柄: ブレインPALBERT野村総研
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
54.3 7.86 7,651

銘柄ニュース

戻る
2016年03月15日07時35分

前日に動いた銘柄 part1:モバイルクリ、パイオニアなど


銘柄名<コード>⇒3月14日終値⇒前日比

電子材料<6855> 478 +47
2月のマド埋めを目指す動きにも。

モバイルクリ<3669> 476 +41
ライドシェア関連として関心か。

KLab<3656> 587 +41
gumiの上昇などが刺激にもなるか。

サカイオーベ<3408> 186 +12
新四季報などを材料視も。

JUKI<6440> 924 -27
1000円レベルを上値抵抗線として意識も。

リンナイ<5947> 10070 -250
ドイツ証券では業績予想下方修正のもよう。

GMOペイメント<3769> 7030 -150
高値水準接近での戻り売りなど需給面影響か。

ペプチドリーム<4587> 6100 +1000
引き続き、みずほ証券の目標株価大幅引き上げを手掛かりに。

キューブシステム<2335> 646 +100
フィンテック関連分野への期待も高まる。

鬼怒川ゴム<5196> 772 +92
TOB価格780円にさや寄せする動きに。

ブレインパッド<3655> 861 +105
マイクロソフトとの協業などを引き続き期待材料視。

gumi<3903> 657 +61
11-1月期は従来計画上回る業績に。

テクノスジャパン<3666> 3215 +249
通期営業利益は5億円から5.7億円に増額、増配も。

TYO<4358> 163 +11
上半期決算発表でアク抜け感も台頭か。

第一生命<8750> 1497.5 +119.0
株式市場との連動性なども高い保険株で。

田淵電機<6624> 559 +42
特に新規材料は見当たらないが個人投資家の関心は高まりやすい。

丹青社<9743> 849 +61
前期業績は従来計画を上振れる着地に。

カナモト<9678> 2529 +152
第1四半期は大幅減益決算もレンタルには回復の兆しと。

市光工業<7244> 222 +15
先週末にはクレディ・スイスが買い推奨を継続。

冶金工<5480> 144 +10
原油市況上昇による資源関連株見直しの流れか。

飛島建設<1805> 188 +6
引き続き26期ぶりの復配実施を評価材料視。

フォーカスシス<4662> 584 +45
人工知能関連の一角で堅調な動きもみられる。

パイオニア<6773> 275 +18
みずほ証券では「買い」推奨に格上げ。

竹内製作所<6432> 1566 +81
為替の反転などポジティブ視されるか。

DMG森精機<6141> 1182 +53
機械受注の上振れなども支援に。

MS&AD<8725> 3216 +155
海外金融株高の流れに乗る格好へ。

ジャフコ<8595> 3620 +185
金融関連株の上昇などが波及、IPOラッシュのタイミングでもあり。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均