3541 農業総合研究所 東証M 15:00
2,048円
前日比
-2 (-0.10%)
比較される銘柄: オプティマス木徳神糧ナラサキ
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.34
決算発表予定日  2018/07/12

銘柄ニュース

戻る
2017年01月18日17時47分

農業総合研究所 Research Memo(2):将来的にかなり大きい市場規模が期待できる可能性


■市場環境

(1)スーパーマーケットの市場環境

農業総合研究所<3541>が委託販売しているスーパーマーケット市場は、末端売価では22兆円の市場があると言われている。後で触れる同社のプラットフォームでは、スーパー以外にドラッグストア、コンビニにも使える(以下、スーパー等)。また現在は、取扱商品は農産物のみに限っているが、委託販売プラットフォームを使うとスーパー等の取扱商品である水産、畜産、惣菜なども利用できる可能性がある。将来的に同社が商品を取り扱う市場規模はかなり大きいと言える。

(2)農産物流通の市場規模

JA(農協)のウエイトは下がりつつあり、農産物直売所、「道の駅」が伸びている。

■同社の企業理念

農業×ITベンチャー企業

同社は、自社のことを「農業×ITベンチャー企業」としている。つまり、ITを駆使し、クリエイティブに新しい農産物流通を創造し続ける会社だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 福田 徹)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均