3394 NVC 東証2 15:00
3,715円
前日比
-140 (-3.63%)
比較される銘柄: テリロジー扶桑電通理経
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.9 7.39

銘柄ニュース

戻る
2016年09月02日17時10分

NVC Research Memo(6):Aruba(無線LAN)とFortinet(統合セキュリティ管理製品)が主力


■会社概要

(5)主力製品

ネットワークバリューコンポネンツ<3394>が現在主力製品として扱っているのが、ネットワーク機器では「Aruba(アルバ)」であり、セキュリティ関連製品では「Fortinet(フォーティネット)」である。

a)Aruba
「Aruba」は、全世界で豊富な導入事例・構築実績を持つ無線LAN コントローラシステムであり、モバイル・ネットワークの分野では世界第2位のシェアを獲得している。同社はAruba Wireless Networks社(現Aruba Networks)と2003年7月に代理店契約を交わし、国内では1次代理店となっている。なお、2014年度はAruba社製品の販売成長率が最も高いということで、同社はAruba社より表彰を受けている。

民間調査会社のレポートによると、2015年から2020年の企業向け無線LAN機器市場の成長率は年2.3%と堅調な伸びが見込めるとのことである。同社としては現在好調な当製品について、引き続き主力製品として扱い、更なる拡販を図る計画である。

b) Fortinet
セキュリティ分野の「Fortinet」はUTM(統合脅威管理)市場ではトップシェアで、2004年より12年連続シェアNo.1(ベンダー売上額)を維持している。カリフォルニアのFortinet社が提供する統合型セキュリティシステムで、同社とは2003年4月に代理店契約を交わし販売及びサービスの提供を開始している。主力製品の「FortiGate」は、1台のアプライアンス(特定の機能に特化したコンピュータ、または装備を指す)に多数のセキュリティ機能を統合して搭載したセキュリティシステムであり、企業向けのネットワークセキュリティでは最も代表的な製品である。

この製品についても、引き続き主力製品として更なる拡販を図る計画である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均